英単語の暗記を高速化する方法

英単語を高速で暗記する方法

英単語で苦戦する覚える(暗記)時間

英語を学ぶ際に小学生、中学生の受験生だけでなく、社会人でも必ず必要となることが、「英単語を覚える」ことです。

英語を理解する上で英単語や英熟語のような語彙量は必須知識であり、文章の読み書きや会話の際には必要になります。

学校のテスト、英検、TOEICなどの点数アップを目的に、いざ勉強を始めてみると、まずぶつかる壁が英単語の暗記です。

これは英単語に限りませんが、新たな知識を習得する際に避けては通れないのが、暗記に必要な時間をかけることです。

記憶力に個人差はあれど、覚えることが苦手な人にはツライ時間であることは変わりません。

この暗記の作業時間を短縮できれば、学習で必要な考えることに時間を使うことができるようになり、総合的な英語の習熟度が向上します。

では今までよりも早く覚える、または同じ時間で多くの語数を覚えることができるのでしょうか?

この記事では特に、英単語を覚えることが苦手な方に向けて、高速で単語暗記する方法をお伝えしたいと思います。

単語を暗記できた状態とは

英語学習で必要な単語や熟語を暗記していく過程では、暗記できた単語と暗記できていない(忘れてしまった)単語の区別を意識して勉強を勧めていくことになります。

あなた自身は「この単語は覚えることができた」と断定する際にどのように判断を行っていますか?

覚えたという判断は人によって曖昧な基準になりますが、一例を上げるとこのような判断をしている方が多い傾向にあります。

・意味を瞬時に思い出せる
・回答をイメージと言葉で表現できる
・記憶した語彙を数日後に思い出せる
・実際に単語を用いて文章を書くことができる(会話に使える)
・他人に意味を伝えることができる

などが暗記できたと思う際の判断に使われるポイントになります。

よく英単語のフラッシュカードでめくった単語の意味を日本語で思い出せるかといったやり方も、実際に記憶した言葉と紐づけて思い出すことができるか、暗記できているかを判断するための方法の一つです。

重要なポイントとしては、この暗記できているという判断ができなければ、余計な時間をかけてしまい、既に覚えている英単語に対して時間を浪費してしまうということです。

大抵の方は無意識に判断基準を設けて実践されていると思いますが、それが非常に曖昧な場合は実際に言語化してみて始めて自身の暗記方法の基準を意識することができます。

自分自身が英単語の語彙を忘れない(すぐに思い出せる状態になった)記憶になったという判断ができる基準を設けておくことが、効率的に暗記を勧めるために必要となります。

文字の形と映像(イメージ)をセットで頭に刷り込む

単語や熟語をより記憶に残すためには、文字をイメージのような映像と繋げて覚える記憶力も暗記に重要な要素となります。

映像は文字よりも情報量が多く、一見して理解できる特長があります。

しかし映像をイメージする力が不足しているようでは、有効に使うことができません。

また言語から映像に変換するための処理能力、逆に映像から文字に言語化するための能力があれば、なお記憶に残りやすく、思い出しやすくなり暗記する時間を短縮できます。

この方法で暗記効率を上げるためには脳内で言語から映像変換して、意味付けする力が求められるため、イメージ力が低い方は記憶力向上のための脳トレーニングが必要とされます。

刺激が強いほうが記憶に残りやすい

今までよりも短い時間で英単語を記憶に格納するためには、

・刺激の強さ
・繰り返す回数

この2つのどちらかの刺激を高めることで、時間短縮が可能になります。

刺激の強さについては、先述した「イメージ力の強化」で単語を映像変換する力を養うと効果的です。

他の例で言えば、悲しい感情、怒りの感情、驚きの感情などの外部から強い刺激を受けた体験は1回で覚えてしまう、忘れたくても中々忘れられないことがあります。

これは刺激が強さが普通の記憶に比べて高いため、1度で覚えてしまう例です。

他にも視覚や感情だけでなく、音や触覚、味覚、嗅覚でも同じように脳の出先器官の5感を利用することで刺激の強さはコントロールできます。

もう一つは繰り返す回数です。

日常的に暗記の方法で使われているのは、同じ情報を繰り返し見る回数を増やすことで、暗記していく方法です。

この日常的に利用している暗記法を用いて、英単語の暗記ですぐに使える方法は「繰り返す回数を早くする」ことです。

単語暗記のような学習では「視る」、「聞く」、 「話す」がよく使われる暗記方法ですが、この物理的に情報をインプットする速度を向上させます。

視る、聞くといった情報処理速度を挙げていくことで、誰でも簡単に覚える時間を短縮でき効率化を実現できます。

英単語を高速で暗記する仕組みを使う

このように英単語の暗記効率を上げるためには2つの方法があるとお伝えしてきました。

実はこの暗記を高速化する方法は、オンライン学習で誰でも簡単に行うことができるようになっています。

当社が提供するサービスでは、体系化されている訓練方法で、視る力(繰り返し視る速度の向上)を「ソクノー速読」で向上できます。

イメージ力を高める方法では、単語と映像を繋げて覚えるための記憶力強化で「ソクノー記憶」を向上させて、視覚(目)や聴覚(耳)で捉えた情報を鮮明に映像化して覚える際の刺激を上げることができます。

この「視る力」、「聞く力」、「覚える力」を向上させると、高速で英単語や英熟語の暗記ができるようになり、語彙力や読解力の強化にも繋がります。

また、英単語を高速で覚える専用暗記システムがあるため、この仕組みを使うと今までよりも何倍も早く覚えることができるようになります。

画面を眺めているだけで、簡単にできるので小学生から社会人まで幅広く使われているサービスです。

暗記速度を上げて、英語学習を効率化したい方は、このSOKUNOUというサービス(仕組み)を用いて実際に効果を上げることができるか試してみていただくこともお勧めです。

今までよりも3倍、4倍、5倍などの高速化した方法で英単語や英熟語など必要知識を覚えたい方は、ソクノー暗記(高速暗記)ぜひ一度チャレンジしてみてください。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 試験対策で速読術を使う方法

  2. 速読で勉強・学業成績をアップさせる方法

  3. 脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは

  4. 速聴トレーニングの効果とは

    速聴トレーニングの効果とは

  5. 速読トレーニングで不安にならないために