暗算の計算速度を早くする方法

暗算の計算速度を早くする方法

暗算による計算速度を向上する方法

暗記が遅い、苦手と感じる方の多くは、暗算で素早く正確に計算できる方、例えばパパっと数字を頭の中で弾く姿にスマートな印象を受けた経験があると思います。

現代ではスマートフォンなど持ち運べるモバイル電子端末が増えており、自分の頭で計算する暗算の苦労も以前に比べると減りつつあります。

しかし暗算を反射的に行うことは頭の体操に繋がりますし、普段から数字を素早く暗算計算している方は知らずに他の方から頭の回転が速いといった印象を受けていたり、その他にも知らずに受けているメリットも多くあります。

「暗算による計算が苦手です」

普段からこのように暗算が遅いと思っていて計算を避けている方は、普段から自分の頭で計算する習慣を持つと自然と日常生活や仕事でも、身につけた計算処理能力を発揮しやすくなるので普段からトレーニングで能力を高めておくことがお勧めです。

頭の中で計算する暗算速度を上げたいとお考えの方に、暗算トレーニングによるメリットとうまく習慣化するコツをお伝えしていきたいと思います。

計算がすぐに正確に出せるようになるメリット

暗算による計算速度が速くなるだけで、いくつかのメリットが目に見えて得られます。

例えば、

  • 頭の回転が速い人だと思われやすくなる
  • 考えることに使える時間が増える
  • 計算に時間がかかることによるストレスが減る
  • 自信が生まれる
  • 計算ができず損する機会が減る
  • 自分の頭で計算すること自体が脳トレになる
  • 会話の先読みができるようになる

実際に得られるメリットには、他者から評価されたりイメージアップになり、自分の自信に繋がるだけでなく、学習、仕事、習い事でモチベーションが上がるなど良い影響があります。

計算は基本的に同じ型にあてはめて考えるパターン訓練が効果的です。つまり反復で何度も繰り返し行うことで速度は上がっていきます。

「そんなの当たり前ではないか」と思う方もいるかもしれませんが、計算訓練を継続的に行っていくには、最初に習慣化の段階で挫折する場合も多く、いかに続けて行うための工夫をするかが計算能力の速度向上には重要です。

日常生活でよく使う四則演算の計算速度を比較する

普段の生活では桁数に違いはあれ、大抵は足し算、引き算、掛け算、割り算などの四則演算が計算の多くを占めているのではないでしょうか。

個人で言えば買い物の合計額や割り勘計算、ビジネス上では売上計算、原価計算、利息計算など、正確な情報から大雑把な概算まで自分の頭で計算する場面も多くあります。

学生なら勉強上で一時的に暗算計算を頭で保持しておく必要もあります。

計算機というツールを正確に使えばよいという考えもありますが、ある程度自分の頭で計算する速度が速いほうがメリットが多くあります。

脳の処理速度トレーニングで計算速度は向上できる

反復訓練による暗算計算の速度を上げるために必要な習慣化や継続についてはお伝えした通りです。

実は他にも計算速度を向上できる方法があります。

それは脳の処理速度を向上させて、計算速度を向上させる方法です。

脳の処理速度とは、パソコンで言えばCPU(計算処理速度)にあたり、様々な情報処理を行う上でパソコンを快適に使うための心臓部分にあたります。

頭のCPU性能を上げることができれば、計算を行う脳の処理速度も高速化することが可能となります。

この方法はいわゆる速読トレーニング(ジョイント式速読)によって実現ができます。

目で捉えた文字情報を認識する速度を1分間の読書速度に置き換え、トレーニング前後で比較することで、文章に対する処理能力がどの程度向上したのかが一目瞭然で分かります。

今までよりも速く情報を認識するための「視る認識速度」を段階的に上げていくことで、脳の可塑性(可塑性)を用いた科学的な訓練を行っていきます。

文字情報も数字も認識できる速度を向上させることは同じプロセスであり、実際にトレーニングによって暗算計算の速度は向上していきます。(効果に個人差はあります)

客観的な比較ができないと実感も持てない

計算速度が向上したかどうかは主観で判断しても良いですが、それでは基準があいまいです。

暗算計算が速くなったかどうかは、計算基準を合わせて比較していくと客観的な数値データとして確認できるので、納得しやすく自分の自信に繋がります。

自身で計算速度を比較しても良いのですが、できれば同じ問題数、内容、時間を合わせて確認できる仕組み(システム)やサービスを利用すると簡単に確認ができます。

アウトプット(書く、タイピング)速度も向上する

計算速度と合わせて脳の処理速度トレーニングを行うことで、物理的なアウトプット時間も短縮できます。文字を速く書けるようになったり、パソコン操作であればタイピングを素早く打てるようになります。

実際にやってみると分かりますが、目の前の1文字を見ていた状態から、広範囲の文字を素早く認識ができるようになるため、情報の先読みできるようになり、手の動きに無駄がなくなります。

また、繰り返し行うことで反射能力も向上するため、先読みできるレベルにならずとも1.5倍程度なら誰でも向上する傾向あります。

脳トレと暗算を合わせて実施してみよう

ここまでお伝えしてきた暗算や計算処理速の向上を合わせて実践する仕組みがあります。

ジョイント式速読という40年以上の実績ある元祖速読法をベースに開発されている「ソクノー速読」というサービスでは、脳の処理速度トレーニング以外にも計算速度向上のためのプログラムを継続しやすい環境でご提供しています。

  • 自分の能力比較ができる
  • 他のユーザーとランキングで比較できる
  • 計算方法の得意不得意が明確に分かる
  • 暗算以外にもゲームで能力向上ができる
  • 文章を読む速さが上がり、大量の読書情報を素早く対処できるようになる

このような効果も同時に期待できます。

頭の健康の脳トレで使いたい方もいれば、暗算速度向上によるスキルアップ、学生であれば勉強の効率アップに利用できます。

もちろん小学生から社会人までご利用いただけます。

無料体験で利用もできますので、ぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 文章読解に必要な語彙量

    読解力向上のための語彙強化

  2. 速読の効果を知ろう

  3. 社会人の速読トレーニング

  4. 速読ができない人とできる人の違い

  5. 「勉強に集中できない」を解決する2つの方法

  6. 速読のうそを見破る方法