文章を高速でまとめる要約トレーニング

文章の高速要約トレーニング

文章の要約速度を上げる方法

書籍、教科書、参考書、ビジネス上での文書などを読んだ後にパパっと要約できる人とできない人がいます。

文章を書くことが不得意と感じている方は苦手意識をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

文章をまとめる際の苦手意識を克服するために、読んだ内容をとにかく書き出して後で見直す習慣をつけてみると、当時の自分の理解力や表現方法の改善点に気づくこともでき、要約することにも慣れてきます。

書くことを癖つけることで、記憶の結晶化にも繋がり、内容を忘れにくくなるメリットもあります。

数をこなすためにはとにかく早く書きだすことも重要です。

この記事では文章をまとめる速度を向上するための方法をお伝えしたいと思います。

文章を読んだ直後に要約する癖をつける

読書、勉強の際に内容をどのくらい理解できたのかを確認をする機会は設けていますか?

受験やテストの勉強ならこまめにチェックをしていると思いますが、普段の読書ビジネス本で普段から自分の理解度チェックのためにアウトプットしている方は、毎日日記を付けているような方以外では多くはありません。

しかし読んだ文書を要約することに時間がかかってしまう場合、長時間悩みながら書き続けることはあまり効率的なやり方ではありません。

時間は有限ですからいくら時間を費やしても、短時間で書いても内容があまり変わらないのであれば、素早くアウトプットしていくほうがはるかに効率的です。

要約する内容を良く書こうとするばかりに、多くの時間を費やしてしまう方もいます。

レポートやビジネスのプレゼンテーションに使うならば、仕上げに気を使う必要もありますが、自分の理解をチェックしたり、知識を蓄積しておくことが目的なら、とにかく速く書くことでアウトプットする時間を高速化することのほうが重要です。

素早く文章をまとめる

まずは形式に関係なく自分なりに、理解した内容を文章でまとめてみることから始めることが大事です。

最初に全体の概要を書いてから、ポイントを箇条書きでまとめても良いと思います。

書き方は様々ありますので、ネット検索または著名な方の書き方を真似しても良いと思います。

大事なのは、読んだ内容をとにかく早く要約して文章をまとめる感覚をみにつけることが、苦手意識を克服する上でもポイントになります。

書くことが記憶を結晶化させ定着に繋がる

早く書くことは文章の要約スピードを向上させるのと同時に、記憶定着のために結晶化できるメリットもあります。

    • 読書をしても読んだ内容を覚えていない

もしもたくさんの知識を文書から得たいにも関わらず、中々覚えておけないという悩みがあれば、書くことにより短期記憶から長期記憶にするための記憶の結晶化に取り組んでみると良いと思います。

書くことは「見る」ことに加えて「書く刺激」を与えて、記憶定着しやすくする効果があります。これは音声を用いて「聞く」感覚を加えると更に効果的です。

前述したように書くことに時間を取られてしまう場合は、書く速度が記憶スピードにも直結するので、まず書く速度の向上のためのトレーニングで書く習慣化をしてみる方法がお勧めです。

すぐ書く、後日見直すことを習慣化する

書くことをためらう前に、とにかく始めてみることをおすすめします。

読む文章は何でも構いません。

最初は200文字~400文字程度の短い文章から始めてみましょう。

記憶には個人差があり、読んでいる最中から記憶の忘却が始まっており、文章量が多くなればなるほど、思い出すことが難しくなるという脳の習性があります。

慣れてくるまでは短い文章を用いて早くまとめることにトライしてみましょう。

しかし普段やっていないことを急に実践しようとすると、いつのまにか忘れてしまうこともあるでしょう。

忘れずに毎日続けるには携帯のアラームや予定を書き込むなど、習慣にできる仕組みをまずは考えてみてはいかがでしょうか。

アウトプットする要約の仕組みを使う

普段から実践していないことにチャレンジするには、それなりにパワーが必要です。

お勧めの方法は読書や勉強とセットで実践する方法です。

例えば、ソクノー速読という「読む」情報処理能力を上げるサービスでは、「文章まとめトレーニング」という機能があります。

オンラインで利用できスマホ、タブレット、パソコンで使えるので気軽にできます。

要約したい文章を画面に入力(コピー&ペーストでOK)してから、スタートボタンを押すと文章が表示され、読み終わったら読書速度と要約する画面が表示されます。

この機能を使えば、先ほど入力した文章の要約時間を確認しながら、自分のライブラリとして記録することが可能です。

要約して記録された文章はいつでも見返すことができるため、自身の当時の理解をチェックしたり、書き方の改善にも繋がります。

なによりも自分で書くことで忘れにくくなるので、記憶定着にも役立ちます。(定期的に見直すと記憶定着にも役立ちます)

こういった文章をまとめる機能を活用しながら、要約速度の向上を実現してみてください。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 無料で脳トレにチャレンジしてみよう

  2. 脳を鍛えるトレーニング方法

    脳を鍛えるトレーニング方法