脳を鍛えるトレーニング方法

脳を鍛えるトレーニング方法

脳を鍛えるトレーニング

最近モノ覚えが悪くなってきた」、「本や文書を読んでも頭に入ってこない」、「昔に比べて記憶力が悪くなってきた」、「頭の回転やキレが落ちてきたなど」、脳トレで頭を鍛えたいと考えている方の中には、このような悩みに当てはまる方も少なくないのではないでしょうか。

もしくは頭の処理能力の低下以外にも、今よりも頭の回転を速くしたい、脳トレ―ニングで学習効率を向上させたいと考える方もいるはずです。

脳の鍛えるといっても、その意味合いは抽象的なモノが多く、そもそも脳を鍛えるってどういうこと?脳トレってどのような効果が期待できるの?と調べている方もいると思います。

この記事では頭を鍛える脳トレーニングによって、改善が期待できる点や脳トレの実践で得られる様々な利点についてご紹介していきます。

脳トレーニングのメリット

脳トレを実践することで得られるメリットは様々ありますが、問題となる多くは脳の老化による五感のスロー化、つまり情報の認識速度低下にまつわることが挙げられます。

  • 早いテンポの会話に頭がついていけなくなってきた…
  • 文章や会話の理解に時間がかかるようになってきた…
  • 今の記憶力、判断力、反応速度を低下させたくない(維持したい)

一方で情報処理のスロー化以外にも、現時点よりも情報処理能力を向上させたいというニーズも存在します。

  • 頭の情報処理速度を向上して学習に役立てたい
  • 素早い判断、瞬発力の向上でスポーツに役立てたい
  • 大量の知識を得るために読書速度や読解力する情報処理速度を上げたい

こういった悩みやニーズは視覚や聴覚から得た情報を高速認識する脳トレーニングによって、向上や改善できる可能性があります。

ですが「向上できた」ことを検証するためには客観的な判断に基づく比較ができなければ、本当に効果がある方法なのか疑問に感じてしまうことも確かです。

ですから、脳トレによる効果を検証できるようにするためには、何を目的に、どういった数値の比較をするのかが重要となります。

頭が鍛えられた状態とは?

頭を鍛えるといっても抽象的な表現になるため、どのような状態になれば脳トレ効果が得られたかを明確にしておくべきです。

例えば、

  • 今までよりも速く情報を処理できている
  • 今までと同じ情報処理速度を維持できている

など、情報判断にまつわる状態を明確にしてこそ、脳トレの効果があったと言える状態となります。

よく目にするモノでいえば、書店で見かける脳トレ用ドリル本があります。このドリル形式(またはクイズ形式)のトレーニング本でも基本的には時間を計るように推奨されています。

脳の老化を防止したいと考えている方には一度、どのような状態になれば現在の脳が鍛えられたのか判断ができるか把握しておくと良いでしょう。

10代?20代?30代?の頃のような情報処理速度でしょうか。

訓練前後の状態で比較ができるか?

では脳トレ効果をどのように測定していくのか?という疑問が出てくると思います。

一般的なのは時間の比較です。

一定数の脳トレ問題をこなす時間を比較することで、現時点での情報処理能力を確認、把握して検証のための基準を設けることができます。

しかし一般的な比較方法はクイズ形式の問題が多く、処理能力自体を向上させるためのトレーニングといえるものではありません。

いきなりクイズやドリル形式の問題に取り組むよりも、脳トレを実践した結果として、クイズやドリル形式の問題をクリアできた時間を比較するほうが、より正確に能力状態の変化を比較することができます。

頭を鍛えたことで得られるメリット

頭を鍛える脳トレをすることで向上が期待できる代表的なメリットとしては、

  • 「読む、聞く速度」の情報処理能力を向上(維持)できる
  • 「すぐに忘れない」記憶力向上と能力維持
  • 「ボケ防止」のための脳トレ
  • 「スポーツ」に役立てるための同時並行処理や周辺視野能力の向上

このような能力の向上、または能力低下を防ぐための維持を目的に脳トレーニングをする場合が多いと思います。

本格的に頭を鍛える脳トレの方法としてお勧めなのは、ジョイント式速読術のトレーニングです。

この速読術訓練は読み飛ばしやナナメ読みではなく、高速で情報処理を行うための脳の処理能力向上を実現することで理解力を保ったまま、文字情報を速く認識していくことができるようになります。

速読訓練を通じて頭を鍛えていくことができるため、読む速度以外にも副次的に得られる効果も多くあります。

例えば、計算力(暗算)、状況判断力、周辺視野力、集中力をはじめ書く、聞く、覚えるなど視覚と聴覚を通じた情報処理スピードの向上です。

脳トレーニングならソクノー速読

この脳を鍛えるプログラムであるジョイント式速読術は1日7分間という短時間で、

  • (読む・聞く)情報処理能力向上プログラム
  • (覚える、忘れない)記憶力向上プログラム
  • (映像と音と適切な速度で頭に刷り込む)高速暗記補助プログラム

を利用できます。自分のペースで無理なくプログラムを継続できるので、忙しくて中々時間を確保できない方にもお勧めです。

脳トレは継続することで、効果を得られ定着させることができます。そのため実践するプログラムは飽きがきにくく多彩であり、かつ楽しくできるものでなければいけません。

ジョイント式速読術をオンラインで実践できる「ソクノー速読」なら、トレーニング以外にも、脳トレの測定として使える以下のプログラムも含まれています。

  • 計算速度
  • 速脳ゲーム20種以上
  • 同時並行処理(視る、聞くマルチタスク処理)
  • 書く速度(タイピング)
  • 文章アウトプットのための要約訓練
  • 記憶力強化クイズ、ゲーム

など、数え切れないほどの数を用意しています。

頭を鍛える脳トレ効果を得たい方には最適なプログラムです。

学習の効率化、仕事の生産性向上などの目的以外でも速読力、記憶力、スポーツ能力の向上なども期待できるので、まずは無料体験で能力変化の比較をしてみてください。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 文章の高速要約トレーニング

    文章を高速でまとめる要約トレーニング

  2. 無料で脳トレにチャレンジしてみよう