速読の費用対効果を知る

速読の費用対効果

速読で情報処理能力が向上することによる費用対効果

この記事を読んでいる方の中には「速読」で読む(または視る)ことによる情報処理速度の向上で仕事、勉強、スポーツに役立てたいと考えて速読トレーニングという手段を見つけた方もいるかと思います。

速読と聞くと、一般書やビジネス書などの本を速く読めるといったイメージを持っている方も少なくなりません。

速読トレーニングは訓練課程の中で人の視る力を向上させ、その結果として情報理解が速くなります。

これは活字に限らず、視覚を通じて得る情報のほとんどに応用が効きます。

では速読トレーニングを実際にやってみようと考えている場合、習得に必要な総合的な費用はどのくらいなのか、果たして期待する効果に見合う成果を得られるのかと疑問を持つのではないでしょうか。

この記事では速読トレーニングにおける費用対効果についてお伝えしていきたいと思います。

受講費用+訓練時間を超える効果があるか

せっかくトレーニングをするのだから、実りあるものにしたいと考えている方は一度、費用について考えてみると良いかと思います。

目先の受講費用はもちろんのこと、継続的に発生する「訓練時間」というコスト、それから将来的に得られるであろう効果による利益を考えて、総合的に判断すると、果たして今すぐやるべきなのか、それともまだ先でも良いのかという判断がしやすくなります。

ここでは、受講費用を月謝に例えて、訓練時間を足して考えてみたいと思います。

例)受講費用 ¥50,000、受講時間60分/回、10回コース
受講時間に使う費用を60分 3,000円とします。

50,000円 × 30,000(10回受講時の時間コスト)=80,000円

ここまでのトータルの費用は80,000円となりました。

速読トレーニングによる効果で元を取るためには、最低でも80,000円以上のリターンを得なければ、単純に費用対効果がマイナスとなります。

この例ではトータルの受講費用を5万円としていますが、実際に受講を検討している速読コースに置き換えて考えてみてください。

速読トレーニングで得られるリターンは?(メリットは?)

コストパフォーマンスを考える場合、速読受講で得られるメリットも想定しておく必要があります。

今回は単純な想定でいきますが、個人ごとに(1)達成したい目的と(2)将来的に得られる定量的な利益を含めても良いかと思います。

例)

  • (1)税理士の資格を取得して独立する。
  • (2)独立後に通常必要な情報処理能力の3倍の仕事をこなせるようになった場合の報酬。

一般的な例でいうと「本をたくさん読みたい(知識を多く取得して仕事に役立てたい)」を想定した場合、仕事に直結した知識を本から得るなら月間で読める冊数の比較です。

また、あまり声を大きくしてお勧めはできませんが、立ち読みで何冊も読破してしまうこともできるようになると、本の購入代を節約できます。

月間5冊の購入をしていた場合、

1500円/冊 × 5冊 = 月間7,500円(年間 90,000円)

年間9万円ものコストが減少するので得られる費用対効果を上げることができます。

つまり、仮に読書速度が現在の5倍になれば、1年でもとを取ることができるようになり、知識の蓄積でより多くのアイデアや仕事の成果に繋がり、得られるリターンは加速度的に増えていきます。

また読む速度が上がるだけで、周りからの印象は上がります。同じ知識を持った人と見比べても、情報処理が速いと優秀に見えることも事実ですから、定性的な効果も得ることが可能です。

また、認知症予防などを目的とした脳トレーニングの場合、頭の健康寿命を延ばすことで言えば、リターンの大きさは計り知れません。

高齢化が進む中で脳の健康を維持したいと考えている方にも速読トレーニングはお勧めです。

通学とオンライン受講はどっちがお得なのか

速読受講の選択に「通学」か「オンライン」があります。

通学できる範囲であれば、講師からのアドバイスを受けることができる通学も良い方法です。

自宅から教室まで遠くて通えない、仕事の時間が読めず、教室に通いずらい方もいますので、その場合はオンライン形式で自身の環境に合わせた受講スタイルを選択すると良いでしょう。

通学の場合、どうしても移動に費用が発生しますし、教室が開いている時間に限定されますので、このあたりも継続的に実現可能か判断材料にしてみましょう。

費用対効果を最大化するために重要なのは継続すること

速読トレーニングを受講しても効果を得られなければ、意味がありません。
速読を習得するために必要なのは、長期的に無意識でも反射的に使える状態になるための「継続」したトレーニングです。

スポーツ訓練と同じで、高速で情報を処理できる状態を日常生活でも再現できるようになるためには、トレーニングで向上させた能力を定着させる(記憶する)ことが必須です。

(効率的な「飛ばし読みを指導する速読教室」もあると聞きますが、その場合やり方さえ覚えれば良いかもしれません。ここでお伝えしている速読法は情報処理能力を向上させ、その結果、読むスピードが速くなる状態を目指しています)

継続に必要なのは、日々の生活で「負担にならないこと」です。

習慣化しやすいように短い時間で、毎日行えば誰でも実現が可能となります。

着実にモノにするならオンライン受講のソクノー速読

速読といっても現在、世の中には多くの速読術が存在します。

ここでお伝えしてきた速読はジョイント式速読という情報処理能力を向上させ、文章に限らず視覚で捉える映像の処理を3つの方法で高速化していくことができます。

この速読法であれば、1日7分間で着実に視る力を向上させて、読書速度を上げていくことができます。

速読に加えて、記憶力強化トレーニング、高速暗記補助プログラムの利用が可能な加速学習システムです。国内外で40年以上の実績に加えて、学習塾や教育団体で導入されている実績もあるので安心して利用いただけます。

すぐに無料体験もできますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 車の運転疲れは速読の脳トレで解決

  2. 速読の方法とやり方

  3. 「勉強に集中できない」を解決する2つの方法

  4. 知的な人になるための第一歩

  5. 速読術をマスターする方法

    速読術をマスターする方法

  6. 速読に必要な眼筋力トレーニングとは