速読プログラムの海外導入実績


速脳速読メソッド(川村式速読)を取り入れた海外版プログラムの監修、活動実績をご紹介いたします。

海外実績・速読体験談
海外実績・速読体験談2
海外実績・速読体験談3

英語圏・ネイティブ向け脳トレ速読プログラム eyeQ

川村明宏氏の速脳速読は1998年からアメリカ、ヨーロッパにてeyeQ(by Infinite Mind)として展開されております。
公私立の小、中、高校などの2000以上の学校をはじめ大学機関、プロスポーツチームにも採用され学生の能力向上に役立っています。
アメリカ、ヨーロッパで300万人以上が情報処理能力の向上効果を実証しています。

速脳トレーニングを1日7分間を2週間行なった後、脳の活動量(血流量)は1500%の増加が見られたことがfMRIの画像でわかりました。

アメリカ版川村式速読メソッド「eyeQ」は目と脳をトレーニングすることで読書速度の向上だけでなく、脳のパフォーマンスを上げることができます。
勉強での活用から仕事の生産性向上、スポーツ能力の向上(サッカー、野球、アメリカンフットボール、その他、球技に関わらず目と脳で情報を判断するスポーツ全般)など幅広く利用されています。

大学機関で効果が実証されたプログラム

アメリカ合衆国・ユタ州・ブリガムヤング大学での検証結果

海外実績エビデンス
海外実績エビデンス2
海外実績エビデンス3
海外実績エビデンス4
海外実績エビデンス5
海外実績エビデンス11

ユタ大学での検証レポート

海外実績エビデンス6
海外実績エビデンス7
海外実績エビデンス8日本語訳
海外実績エビデンス9日本語訳
海外実績エビデンス10
海外実績エビデンス12

海外の大学での指導風景

アメリカBYU大学講演会1
アメリカBYU大学講演会3
アメリカBYU大学講演会2
アメリカBYU大学講演会5
アメリカBYU大学講演会4
アメリカBYU大学講演会6