人工知能(AI)の 速読プログラム

AI速読

AI 速読とは

人工知能(AI)の概念を取り入れた最新型の速読プログラムである。

情報処理能力に関わる能力値を数値化させ、過去の受講生の年代別に割り出した能力値を基準に能力向上に必要なトレーニングを自動最適化させることで、理解力を落とさずに読む速度を上げることができる。

トレーニングは過去の膨大な知見を基に個人別に最適化されていることが最大の特長。基本的には速読知識を有する講師の裁量による指導が不要でありオンライン学習で完結できる。

人工知能による速読トレーニング

AIの概念を用いた速読術の最大の利点は、個人能力に合わせた効果の最大化にあると言える。

速読術を実現するために必要な能力は読む速度だけでなく、物理的な目の動きや映像処理の認知速度、周辺視野の認識レベルによっても異なる。

これらの能力値を一定の基準で数値化することで、比較が可能となっており現時点で最も必要であろう訓練プログラムが自動構築される。

また日々の健康状態、興味度合い、認識方法など人それぞれによって情報を認識するための読む速度は異なるため、過去、現在の時間軸でトレーニングを最適化する方法を用いている。

速読講師による知識や指導に左右されない

経験豊富な講師であれば、能力が伸び悩む受講生の問題点を的確に指摘して改善を図ることが可能であるが、実際のところ指導内容にも差が出てきてしまうことも事実。

一定の訓練効果を得るためにはある程度の指導を平準化することで、的確なトレーニングを再現することが可能になる。これも能力の数値化と人工知能を用いた方法でこそ可能になる。

講師が全く不要であるかと言えば、そうではなく場合によっては相談することも速読のように感覚訓練をする場合は必要なこともある。

AI速読は数値で明確化された基準を用いているからこそ、一定した効果を得られることが最大のポイントである。

わずか7分間で最大の効果を得られるのもAI速読ならでは

忙しい現代人には1日30分以上などのトレーニングを継続することは中々難しい。速読トレーニングは継続により長期的に使える能力として定着していくにも関わらず、日々の訓練時間が取れないのは残念である。

AI速読なら7分間という時間で現時点で必要な訓練を全て自動構築できるため、短時間で何をするべきか悩む必要は皆無である。

最短で最大の効果を上げたいなら、膨大なデータに基づいて算出される速読トレーニングを実践したほうが費用対効果が高いのである。

ソクノー速読ならAI速読が利用できる

速読を人工知能(AI)の考え方でサービス提供しているのが「ソクノー速読」。忙しい現代人でもタブレット、スマートフォンのモバイル端末で利用でき全てがオンライン学習で完結できる。

着実に速読力をみにつけて行きたい方には最適のサービスなので、ぜひお試しでも利用してほしい。

速読のような情報処理能力に加えて、速聴(聞く)、記憶力(覚える)ためのサービスやゲーム要素も全て揃っているため、短時間でも着実な効果を得た方には最適のサービスである。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. オンライン速読の効果的な学び方

  2. 速読を始めるために必要なこと

  3. 速読トレーニングで不安にならないために

  4. 速聴の効果的な使い方

    速聴の効果的な使い方

  5. ソクノー速読を始めてみよう

  6. 速読の方法とやり方