タイムパフォーマンスを上げる速読術とは

情報が溢れる近年では、ウェブサイト、SNS、書籍など多くの手段で情報を取得することができるようになりました。大人に限らず子供でもタブレットやスマートフォンから簡単に欲しい情報が手に入れられます。

多くの情報が行き交う中、できるだけ短い時間で得られる情報量や質を上げるタイムパフォーマンス(時間対効果)について考えている方も少ないと思います。

最近では1分以内のショート動画や動画そのものが数分〜10分以内に短時間化されたり、早送りで倍速再生できる機能も当たり前のように存在しています。1つの動画やメディアを見続ける利用者の視聴時間も短くなってきているようです。

真面目に最初から数十分単位の時間を費やして情報を得るだけでなく、本当に自分が必要とする価値ある情報をなるべく短い時間でパフォーマンスをあげたいと思われている方に速読術で得られる情報処理速度の向上によって、タイムパフォーマンスへどのような影響があるのか、また時間価値を上げる方法についてお伝えしていきたいと思います。

必要とされる時間単位あたりの価値向上

社会人の方であれば、ビジネスに有用な情報をいかに早く効率よくインプットする必要があるかを感じている方も少なくないと思います。

特に忙しいビジネスマンは時間に限りがあるため、できるだけ短い時間で得られる情報の質を上げたいはずです。

最近では情報の取得方法も多様化しているため、目で得られる情報以外にも、オーディオブックなどの音声学習から聞いて得る場面もあります。

よく目にする読書術や仕事の効率化などの方法も効果的ではありますが、タイムパフォーマンスを上げるための根幹となる自身の情報処理能力を身につけておくことが近道です。

特に重要なのが文字、映像、音に対する脳の情報処理能力の向上です。

速読術を習得すれば同じ時間で得られる情報量が増える(または今までと同じ情報量を得るまでの時間が半分になる)わけですから、タイムパフォーマンスを向上させることができます。

学生の勉強や長文対策にも役立つ速読術で時間単位の価値を上げる

常に変化し続ける社会の中で生きるビジネスマンに勉強の終わりはありませんが、学生にとっても時間あたりの価値を上げる情報処理能力を身につけることは必須といえるでしょう。

勉強で得た知識を試験、受験で発揮するためにも情報処理能力の向上は役立ちます。
勉強の場面でも、例えば、読む速度が仮に2倍になった場合、学習で覚えられる知識量は増えていき効率よく時間価値を高めることが可能となります。

タイムパフォーマンスが上がることで勉強、試験、趣味やスポーツにも活用ができる速読術は学んでおいて損はありません。早く身につければ今後他者と比べて高い優位性も持つこともできます。

実は速読術にも様々な種類が存在しており、中でも情報処理能力を高めるトレーニングを行っている速読がおすすめです。飛ばし読みや斜め読みを教える読書術は避け、まずは目と脳の情報処理を上げる速読法を選びましょう。

同じ時間で2倍以上のインプットでアウトプットも増える

情報に対する処理能力を向上させることで、知識のインプットだけでなくアウトプットできる総量も増えていきます。

アウトプットする方法は紙に書いたり、他人に説明するなど様々な方法がありますが、ここでは割愛させていただきます。

インプット量が増えれば増えるほど、情報の取捨選択もできるようになり、知識の獲得だけでなく世の中のモノの見え方の解像度が高まり、新たなアイデアの創出にも繋がります。

仮に情報取得速度が2倍になったとすれば、知識の増加とともにアウトプット総量も掛け算式に増やすことも可能となります。

短い時間で多くの情報量を得ることで、時間価値を上げる速読術は誰もが身につけておくべき能力です。

速読術の情報処理能力アップが私生活のタイムパフォーマンスに直結する

速読術と聞くと本や試験で役立てるための方法であると、使い方を括ってしまっているならそれは間違いです。

文字に対する反射能力が上がることは、普段利用しているSNSやインターネット検索でも役立つことを意味します。

極端な話になるかもしれませんが、ツイッター、インスタグラム、フェイスブックなどのSNS上での閲覧も短時間で済みますので、時間を浪費する罪悪感もなくなり、得した気分にもなれます。

実績ある速読術なら川村式ジョイント速読法

時間価値を上げる速読術を身につけるなら川村式ジョイント速読法がおすすめです。
ソクノー速読なら1日7分間で着実に速く読める能力が身につくトレーニングを行うことができます。
オンライン学習ができるので環境を選ばず、自分のペースで学習が可能です。

この機会にタイムパフォーマンスを上げるために重要な速読術を学んでみませんか。
速読術は以下より無料体験もできますので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 読む速さが倍になると価値はどのくらい?

  2. 速聴の効果的な使い方

    速聴の効果的な使い方

  3. AI速読

    人工知能(AI)の 速読プログラム

  4. 試験の長文対策に必要な速読能力とは

  5. 速読の方法とやり方

  6. ソクノー速読を始めてみよう