「勉強に集中できない」を解決する2つの方法

勉強に集中できない【よくある事例】

いざ勉強を始めようと思っても集中できずにイライラしたり、他のことに気が向いていて短時間で気が散る、やる気が起きないといった経験は誰にでもあるはずです。

特に小学生、中学生、高校生など勉学を主体としている学生は日常的に集中できるときとできない時があります。学校の勉強や社会人なら資格試験の勉強など様々な学習時に集中できなかった経験は一度や二度ではないと思います。

勉強を中断したり集中力を低下させてしまうよくある体験事例としては、

 ・スマートフォンをいじってしまう
 ・テレビをつけてしまう
 ・勉強する場所の片づけを始めてしまう
 ・先延ばしにしてしまう(また明日やろう)

などがイメージしやすいと思います。

ではどうして集中しなければならないにも関わらず、このような行動が起こりやすいのでしょうか?

集中しやすい状態とは

勉強に集中をして取り組みたい、と思って始めるということは、そもそもこのままスタートする状態では集中力を保って進めることに不安を持つと自覚している状態です。

つまりこの時点では自分から意欲的に取り組むというよりも、「興味があまりないけどやらなければならないこと」になります。人は自分にとって興味が湧く情報や楽しいと思えるものや状態であれば意識せずとも知らずに集中していたり、いつの間にかのめり込んでしまい時間を忘れることさえあります。

例えば、自分の得意科目、専門分野における知識、大好きな趣味で集めた多くの情報に関する勉強や学習であれば、知らずの内にのめり込み自分が感じる以上にいつの間にか時間が過ぎていた、という経験はどなたにもあるのではないでしょうか?

しかし、いくら興味がある分野の勉強であっても、集中力の低下に繋がる「疲れ」が蓄積されてくると集中できる時間は短くなります。

このように普段から自然と集中できるものであれば、疲れを溜めずに適度な休憩を挟むことで勉強の集中できる時間帯を維持することができます。

問題はあまり興味がなく乗り気でない「やらなければいけない勉強」に関して一定の学習量を得るためには、集中力を養うための工夫が必要になります。

集中できない勉強をどう学ぶか?

集中しにくい分野の勉強を効率よく進めるためには自分なりの創意工夫、もしくは対策が必要です。

苦手意識があったりやる気が起きない時に無理に進めてしまうとやはり効率はガクッと落ちる傾向があります。

しかし仮に集中できる時間が短かったとしてもやり方次第で「集中できない」状態を改善することも可能です。

1.勉強する時間を短縮する

興味が持てない範囲の勉強においては集中力が持続する時間も比較的短くなるため、いかに短い時間で今までと同じ学習量をこなすかが1つめのポイントになります。

興味分野でない勉強においては普段よりも疲れを感じやすくなり、この疲れによって集中力が続かないことを防ぐためには、今までよりも短い時間で同じ量の学習量を効率的にインプットできるようになる必要があります。

言い換えれば勉強以外のことに気が移る前に学習を終えるスピードが求められます。

2.速く覚える方法をみにつける

学習の大半はまず必要知識の暗記から始まります。基礎知識があって初めて知識の結合による応用(知恵)ができるようになります。

仮に学習時間を1日に3時間確保して実施するとした場合、その時間の大半は文章や文字を見ている(読んでいる時間)です。

覚えるためにはまず文字や文章を早く認識して、繰り返し反復しながら覚える必要があります。

速く覚えるためには今まで通りの覚え方の過程を早くこなすことで覚える時間を短縮することができます。

仮に1時間で暗記できる単語の数が50語だとしても、

 1.見る時間(認識する)
 2.反復する時間(記憶する)

この2つの過程を高速化するだけで、暗記力アップによる学習効率は劇的に変わります。

勉強に集中できない状態を克服する速読トレーニング

ここまでの集中できない問題と解決案に基づいて考えると速読トレーニングは最も効率がよく、保てる集中力の時間内で大きな効果が期待できます。

40年以上にわたり国内外で実績あるジョイント式速読では先に説明をした「視る力」を向上させることで、年齢に関係なく今までよりも速く文章を読める力がみにつきます。

この速読力が向上することで文章を読む時間を短縮でき、集中できる時間が短くても通常よりも多く内容を把握し学習効率を上げることができます。

更にジョイント式速読のトレーニングを行うことで、右脳の活動量が増え文章を読む際に文章を映像化できイメージしやすくなり記憶力の向上に役立つこともユタ州立大学の協力により検証されています。

ジョイント式速読をベースに開発したソクノー速読によるサービスでトレーニングを実施した多くの方が読む負担の軽減を感じています。
速読の学習自体も1日7分からと気軽に行え継続でき着実に能力を定着させることができます。

集中力に課題を感じているなら、時間効率と覚える速度の2つを向上させる工夫をしてみてください。

ソクノー速読、記憶は無料体験もできるのでぜひ試していただければと思います。

関連記事

  1. 英語学習を効率化する方法

  2. 速読のうそを見破る方法

  3. 速読に必要な眼筋力トレーニングとは

  4. 速読トレーニングに必要な時間

  5. 知的な人になるための第一歩

  6. 視読(ブロック読み)とは