オンライン速読の効果的な学び方

速読を学んでみたいと思ったときにどのような習得方法があるのか調べてみるといくつかの方法があります。

速読教室のような一般的な通学コースからネットをつかったオンライン講座が主な受講方法となり、受講生の環境に合わせて無理なく続けられる方法を選択することが成功のポイントになります。

オンライン速読といっても、現在ではパソコンに加えてタブレット、スマートフォンで学べる方法が存在していますので、まずは習慣化しやすい日々の導線上で利用できる方法を選ぶとよいでしょう。

速読を学んで読書量を増やしたり、仕事で読む時間を効率化して生産性を上げたい、受験や試験対策として速読をみにつけたいなど、速読を学ぼうと思うキッカケは様々です。

教室に通学はできないけど、ネットでオンライン受講でもきちんと効果が得られるのかと不安に思っている方に速読を学ぶ上でのオンライン受講のメリットとデメリットをご説明したいと思います。

速読トレーニングとは

そもそも速読はどのようなものなのか、そのトレーニング方法と得られる効果を正しく理解している方は多くはありません。

速読とは何か

速読で一般的には速く読むための「技術」や「方法」が主流となっていて、部分ごとに読み取って時には飛ばし読みやナナメ読みも許容するといったもので、いかに効率的に文章を読み速く進めるかが速読だと誤解されていることもあります。

しかし正しい速読とは、今まで通りの理解力を保ったまま速く内容を読む能力のことです。

何が異なるかと言うと、技術や方法論は飛ばし読みであり、従来強化するべき脳の処理能力を上げておらず、正しい速読法はこの脳の処理能力を高めていくことで、理解力はそのままで自然と速く読めるようになる違いがあります。

高速で文章を見て内容を認識するためには「目」と「脳」をトレーニングで強化し、飛ばし読みをしなくとも理解できる文章処理能力を高いレベルに順応させることが重要です。

難しいように聞こえるかもしれませんが、ジョイント式速読法のような40年以上の実績ある方法なら既に体系化された簡単な訓練になっていて、継続さえできれば誰でも身につけられる速読も存在します。

オンライン速読で習得できるのか

そもそも速読の能力は講師がいる教室でなければ習得はできないのでしょうか。
講師がいることでトレーニングのポイントや意識するべきことにすぐ気付けて短時間で効果を上げられることも教室受講のメリットです。

ですが通学コースは教室に通うことが出来る人に限定されてしまうため、教室から遠方に住んでいる方のように地理的な問題から、定期的に一定時間を確保するなど現実的には通学自体が難しい場合もあります。

幸い現在では映像で指導を受けられる機会もあり、通信制教育やネットを使ったオンラインプログラムにより手順がオートマチックになって簡素化されていたりと受講環境による影響の差は通学コースと比較して埋まってきています。

オンラインで速読受講を選択する場合は、しっかりとネット環境上で体系化され実績のあるプログラムかどうかを選ぶことが受講後の満足度を得るために必要です。

オンライン速読受講のデメリット

以前に比べるとデメリットは少なくなってきているものの、速読受講の際にオンライン学習を選択する場合に必要とされるものとしては、

 ・機材の用意が必要(映像授業の場合はWEBカメラ、パソコンなど)
 ・細かい点が確認しづらい(自分自身のクセがわかりづらい、正しい方法ができていないなど)
 ・プログラムの手順がわかりづらい

などが挙げられます。しかし何度か受講して勝手がつかめると、むしろオンラインプログラムのほうが使いやすかったり、短時間で自分のペースで続けられたりとデメリットがメリットに変わることもあります。

ズバリ!オンラインか通学か!?

通学できるならそれに越したことはありませんが、まずはオンラインプログラムの体験版を試してみることをお勧めします。

オンラインでは様々なプログラムが存在します。もしも事前に速読プログラムが無料体験できるなら、教室受講時のイメージも持ちやすく、トレーニング効果以外のサービス面に意識を向けることができます。

例えば、コース内容の確認、講師との相性、プログラム全体の流れなどの確認です。

通学が難しいようなら思い切ってオンラインで数ヶ月間チャレンジしてみることも重要です。

現在はオンライン速読を中心としたプログラムが主体の団体もあり、教室受講との違いがほとんどないこともあります。むしろ低価格で受講ができる可能性もあります。

ですから、まずはオンラインで体験してから教室に行ってみると時間短縮にも繋がるのでお勧めです。

受講後のサポートも確認しよう

オンラインで速読を学べても身につけられなければ意味がありません。
通学コースなら講師がいて続けやすい傾向がありますが、オンライン学習でではどうでしょうか。

結論から言えば、オンラインでもサポートがしっかりしていれば問題はありません。

通信講座やオンライン講座で挫折してしまう大半の理由は、

  • やり方がわからない(正しい方法なのか不安)
  • 質問しても答えてもらえない(質問方法がわからない)
  • 間違ったやり方をしてしまい効果を得られていない
  • といった不安や問題が存在します。

    ですからオンライン受講をお考えであれば、どの程度のサポートが提供されているか?(電話かメールか講師サポートがあるかなど)を事前に確認してから検討することをお勧めします。

    ソクノー速読なら1日7分間で効果的に継続できる

    オンラインで速読を習得するならソクノー速読がお勧めです。

    速読の効果を得られるかはほぼ確実に「継続できるか」にかかっています。

    ソクノー速読なら1日7分間という短時間で速聴プログラムやゲームも豊富にあり、小学生から社会人まで幅広く利用している最新型の速読が体験できます。

    受講サポートも電話、メール、映像指導、教室指導も選択でき受講生に合わせた応対で不安を解消できます。この受講サポートは無料体験期間中も利用可能です。

    また特許取得の新トレーニングや速読の発展型の学習方法(多分野立体学習)も体験でき、元祖速読による体系化されたプログラムを利用できます。

    パソコン、タブレット、スマートフォンからでも受講が可能となっており、無料体験もできますのでオンライン速読にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    関連記事

    1. 速読トレーニングで不安にならないために

    2. ソクノー速読を始めてみよう

    3. 速聴の効果的な使い方

    4. 速読を始めるために必要なこと

    5. 速読の方法とやり方