読解力向上のための語彙強化

文章読解に必要な語彙量

読解力を上げるなら語彙力強化しよう

文章の読解に必要な理解力が不足しているのでは?

趣味の読書や仕事上での文章をに触れる際に自分の理解力不足に悩みを持つ人も少なくありません。

理解力や読解力が異なる複数人が同じ文章を読んでも本当に文章を正しい読解力をもって理解しているか、実際のところは解釈の仕方にはバラつきがでます。

感想の表現をとってみても、全員異なる言葉の表現や語彙の使い方をします。

文章の読解力は個人が持っている語彙の数にも関係があり、1つの意味でも表現は複数あり、どの表現を理解して適切に使うかでその人の理解力を判断することもできます。

言語を理解するのに必要な語彙量

母国語を例にしてみると、言葉を覚え始めの子どもは単語から覚えます。この単語量が言葉の表現力に直結しており、相手に情報を伝えるためには有効な手段になります。

小学生から大人になるにつれ、記憶していく語彙数が増えるため自分の意見を適切に表現したり、相手の話す言葉や背景を理解することに役立ちます。

外国語についても、まず必要なのは単語という語彙の数です。文法が出来なくても単語さえ分かれば、まず話したいことは大まか伝わりますが、単語を知らなければそもそも何も伝えることができないのです。

社会人になれば社会の情報は新聞、ネットで手に入れる方法が主流になっていますが、本当に文章の内容を理解するには必要な語彙数がなければ正しく理解することができません。

正しい情報インプットを行うためにも語彙力の強化は必須

専門知識が必要とされる分野では専門用語を知らなければ、そもそも何を言っているかも分かりません。

新聞、テレビ、ネット上の情報でさえ、社会人に必要な用語が数多く出てきます。

しかしこのような情報を理解するための語彙力がなければ、情報は右から左に流れてしまい覚えておくこともできません。

簡単に言ってしまえば、読解力を上げるには語彙強化が一番の近道であるということです。

正しい文章や情報理解をするためには、インプットする情報分野に必要な最低限の語彙量があるのかチェックする必要があります。

語彙を覚えるための時間は以外と多い

では読解に必要な理解力を上げるために、語彙数を増やしたいと考えた場合にまず取り組むのは学習だと思います。

資格や法律など専門知識は必要語彙を覚えることから始めますが、この覚える時間には個人差があり、人によっては多くの時間を使わなければいけなせん。

覚えた専門知識を使うといった重要な活動以外で、覚えることに苦戦している方は少なくありません。

情報処理能力を上げることで語彙量を増やす記憶力を上げる

語彙量を増加させるには語彙を暗記する必要があります。この暗記力を上げるためには、情報処理能力を上げて「視る力」を向上させることが有効です。

情報処理能力が向上すると文章を読む速さが上がります。

この文章を読む速さは視る力が向上することで、加速度的に上がっていきます。

暗記をする際には単語を繰り返し視て覚える動作を行っており、この繰り返すための視る力が向上すると今まで同じ暗記方法で記憶力が向上します。

そうなると同じ時間をかけて語彙を暗記しようとする場合に、短時間で同じ量を暗記する力がみにつくのです。

語彙学習と情報処理能力は暗記量に影響する能力となるのです。

語彙力があれば書籍やネットでも正しい知識が得られる

文章から読解力が求められる場合、一定の必要語彙数があれば理解する力を養うことができます。

受験にとどまらず、普段から目にするネットのニュースや専門知識の学習での同じです。

読解力があってこそ情報の価値を見極めることができるようになり、必要な知識を効率よく取得できます。

まずは語彙量の強化に取り組むことが読解力を上げるために必要な一歩です。

大量の本を読むための速読トレーニング

読解力が上がり、様々な媒体から情報を正しい理解で得られるようになると、取得できる情報源が多様化します。例えば、今まではネットニュースやキュレーションメディアからの情報だけであれば、専門書に幅を拡げて取得することもあるでしょう。

書籍に限りませんが、情報の取得先が多様化し大量な情報に囲まれると、今度は情報を取捨選択するための情報処理能力が必要になります。

そのためには理解力を落とさずに、速く読める速読のような情報処理能力の読み方が必要となります。

速読は飛ばし読みやナナメ読みではなく、理解力はそのままで文章の視かたを変えながら大量の文章を把握していく能力です。

逆に言えば、ある分野で読解力が不足したまま速読をしようとしても、意味は素通りしてしまうため、別途必要な知識を学習する必要があります。

しかし理解に必要な語彙量があれば、そのままの理解力で高速で文章を理解できるのが速読の特長です。

読解力がみについたか自己チェックする要約訓練

文章を理解するための語彙量があり、速読による情報処理速度が向上すれば、今度は読解力をチェックしてみることも必要です。

内容を理解できたと思っても、実際に文章にして書いてみると案外理解できていなかったと気づくこともあります。言語化してみて初めて理解力の不足を認識できることもあるので、理解できたと思っても一度言語化するために自分の言葉で書いて表現してみることにもチャレンジしてみましょう。

語彙力強化と情報処理速度の向上ならソクノー速読

ここまででお伝えしてきた読解力を上げるための語彙力強化と情報処理能力向上による効率的な理解速度を実現するために準備しようとすると、意外と面倒です。

ですからこういった能力向上を合わせて行えるサービスや仕組みを利用するのが自己実現への近道です。

読解力に必要な語彙数の強化、記憶力を向上させる反復速度(速読)、理解した文章を要約して表現してみる方法を1つの流れで行えるのがソクノー速読です。

ソクノー速読は40年以上の速読プログラムを提供する新日本速読研究会のジョイント式速読をベースに開発された加速学習システムです。

速読力、記憶力、語彙数強化システムを使いながら読解力を上げるためのトレーニングが行えます。

まずは無料体験もしていますので、気軽にチャレンジして能力向上の実感を掴んていただければと思います。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 右脳トレーニングに速読がおすすめな理由

  2. スポーツに速読トレーニングを役立てる方法

  3. 速読術をマスターする方法

    速読術をマスターする方法

  4. 小学生から始める速読が効果的なワケ

  5. 暗算の計算速度を早くする方法

    暗算の計算速度を早くする方法

  6. 誰でもできる速読のコツ