記憶術ができない理由は記憶力に問題あり

記憶術ができない理由

記憶術ができないのは記憶力が低いから

記憶術を身につけたい。このように感じている方は過去に何かしらの記憶術にチャレンジした人で、仕事、勉強、日常生活などで課題を感じて記憶法にトライした経験があるのではないでしょうか。

日常生活でのモノ忘れ、若いころに比べ頭の回転が落ちてきた、勉強をしても頭に入らないなど、記憶術を学ぼうと思うきっかけは様々です。

記憶術といっても世の中には多くの記憶法が存在しています。自分に合ったやり方、合わないやり方も多くあり、手当たり次第試してみている方もいると思います。

数多くある記憶術で思った通りの効果を得られた方ももちろんいますが、中には期待するほど効果を実感できなかった方もいると思います。

記憶の方法には情報を連結させて連想する方法が一般的に使われています。

例えば、初めて合う人の顔と名前を覚える際に聞いたままに覚えるよりも、イメージと連結させて映像やストーリーで覚える記憶法、歴史の勉強で年号と事象を繋げて覚えたりとその覚え方は様々です。

世の中の記憶術はそのやり方にスポットがあたることがほとんどですが、記憶術に必要な記憶力が足りているのかという考えは聞いたことがありません。

ここで重要なのは「自分は記憶術に必要な記憶力をみにつけているのだろうか?」といった観点です。

この記事では記憶術を役立てるために必要な記憶力の強化、いわば記憶術を行う前に必要な頭の状態になっているかについてお伝えしたいと思います。

あなたが記憶術をみにつける目的は?

受験、入試、社内テスト、資格試験など、時には短期間で大量の情報を覚えなければならない状況があります。もともと覚えたい情報を忘れず、長く覚えていられる方を除いて、大抵の方は記憶に自信がないと答える方はほとんどです。

記憶術をみにつけたいと思う背景は様々ですが、記憶力そのものの強化を行うことができれば「どのように覚えるか?」といった記憶手法も再現することができます。

記憶術を活用して実現したいことを達成するためには記憶力を向上させていくことが、まず必要なことであると理解していただければと思います。

記憶術は手法であり、記憶力トレーニングではない

既にお伝えしている通り、記憶術とはその覚え方であり、記憶するために必要な力(能力がある前提の覚え方)があることを前提としています。

この記憶力が一定水準あることを前提とした記憶術にトライした場合、記憶力が低い人はそもそも記憶術の方法を頭の中でイメージに変換できず再現することができません。

記憶術に必要な記憶力があるのかを最初に知り、必要であれば強化することで大抵の記憶術が使えるようになります。

記憶力の強化とは

記憶力強化とは何か?

記憶力の強化をするというのは2つの方法を提唱しています。

カーボン記憶力の強化

1つ目は「反復するスピードの強化」です。従来私たちが情報を覚えるために行っているのは反復して覚える方法です。

カーボン記憶とは、紙の上にカーボン用紙の上から重ねて書くと、回数を重ねるたびに色が濃くなりますが、このカーボン用紙の表現のように脳により濃い(忘れない記憶)刺激を与えて記憶を忘れにくくする方法です。

これをカーボン記憶力と読んでおり、勉強であれば何度も必要な単語や情報を繰り返すことで、脳に忘れてはいけない情報であることを刷り込んでいきます。

これは繰り返し情報を見る時間と回数が覚える時間に直結していて、個人差があります。

しかしこの繰り返すことで記憶する力は日常的に無意識に行っているだけあり、反復能力を向上させることで記憶力に影響を与えます。

イメージ記憶力の強化

2つ目は「イメージする力の強化」です。

記憶術でも必要になるイメージと情報を連結させる力ですが、このイメージを作る元となる能力が不足している場合、上手く脳内で映像を合成することができません。

このイメージ力の基礎となるのは「形」と「色」の合成能力です。

イメージのほとんどはこの形と色から合成されており、合成力が低いとイメージすらできません。またこのイメージ合成力には人それぞれ基礎力が異なります。

このイメージ力の強化を行うことで、言語から映像に置き換え、置き換えた映像を合成させるイメージ記憶力を再現させることができます。

多くの記憶術トレーニングはこの記憶力強化そのものを飛ばしてしまっているため、多くの人が挫折する結果となっているのです。

2つの記憶力を上げるトレーニング

ではどのように「カーボン記憶力」と「イメージ記憶力」の能力向上を行えばよいのでしょうか?

これは自己流で学ぶよりも既に体系化された記憶力強化トレーニングを行うのが一番の近道です。

例えば、ソクノー記憶(数万人が利用しているジニアス記憶術の最新版プログラム)という記憶力強化トレーニングでは、多くの方が必要としていた記憶力の強化に焦点を当てたプログラムとなっており、短い時間で記憶力トレーニングができるなど既に体系化されています。

日々の継続が記憶力を向上させる

記憶力の強化といってもやることは記憶力のベースとなる2つの能力を総合的に向上させていくことです。

そのためには1日わずか7分程度で問題はなく、重要なのはあまり期間を空けずに継続することにあります。

カーボン記憶に必要な文字を高速で認識する反射能力(暗記した情報と目で捉えた情報との照合処理速度)も繰り返し行う定着を行うことができます。

イメージ記憶も脳内の映像を形作る「色と形」の分解合成を繰り返し覚えていくだけです。

ですから、トレーニングを継続しやすい方法で提供しているサービスを試してみることをお勧めします。

記憶力強化トレーニングのソクノー記憶

ソクノー記憶では1日7分間で効率的に記憶力強化が実践できるプログラムです。
記憶力チェックや脳トレゲームも充実していますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

今すぐ超人的な能力を身につけられる夢のような方法ではありませんが、継続していくことで着実にみにつき、忘れることのない記憶術ならソクノー記憶がお勧めです。

記憶力トレーニングは以下のフォーム登録から無料で体験できますので、まずは気軽にチャレンジしてみてください。


関連記事

  1. 脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは

  2. 速読トレーニングに必要な時間