車の運転疲れは速読の脳トレで解決

車の運転で疲れを感じやすい人

普段自動車に乗る方の中には、しばらく運転をしてると疲労を感じやすい方がいます。
道路状況の混雑具合も影響もありますが、様々な状況が刻一刻と変化する運転環境の中での車の運転は簡単なことではありません。

運転による疲れに個人差はありますが、あなたはどのくらいの時間を運転すると疲れを感じやすいですか?

厚労省の指針では高速バスなどプロのドライバーでも昼間は4時間に一回、夜間・深夜などの場合は2時間に一度は30分間の休憩をとることになっています。

引用元:厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040330-10.pdf

トラック運転手のような労働を伴う数時間の運転でなくとも、一般的なドライバーであれば日常的な運転やレジャーといった実際にそれほどの長時間運転することは稀かもしれません。

日常的に自動車を運転するような短時間の運転でも疲れを感じる(感じやすい)方もいるのではないでしょうか。

では自動車の運転で疲れる要因はどのようなところにあるのでしょうか?

一般的に言われている疲労の要因と速読トレーニングによる脳トレ効果について一例をお伝えしていきたいと思います。

車の運転で疲れを感じやすくなる要因

自動車の運転で疲れを感じる要因としては、大きく分けると3つの要因によって疲労が溜まるといわれています。

【1】目からの疲労

運転中は絶えず目を動かして前方の視界やメーター、ルームミラーやサイドミラーを見ながら情報を瞬時に判断する能力が求められます。
普通の生活とは異なり視線移動や視野の使い方と、常に前後に気を使いながら全方向に気を配るなど、安全に運転するための視覚情報を得るために素早い目の動きが要求されます。

【2】情報処理に関する疲労

運転をすると多くの映像が目から飛び込んできます。前方視界からの情報やミラーの情報、メーターからの情報などです。  
それらの情報を見ながら両手足を使って運転操作をするため多くの同時処理が必要になるのです。普段の生活ではここまで並列処理する機会はありません。普段使わない情報処理を運転中は行うため疲れやすいと言われています。同時並行の処理判断によって疲労が蓄積しやすくなります。

【3】一定の姿勢でいることによる疲労

運転姿勢はほとんどの場合一定です。
そのため筋肉への疲労が溜まり段々と疲れを感じます。
このような疲労が蓄積されることで判断力が鈍り情報に対する反応が遅くなることがあるため一定時間ごとの休憩が推奨されいます。

車運転の疲労を改善したい

やはりまず休む事が重要です。 
休憩時間を取り身体をほぐすストレッチをすることで、血流のめぐりがよくなり身体的な疲労は緩和されます。
身体的な疲労だけでなく、精神的な疲労においても一時的に情報を遮断することでストレスから解放されます。
目の動きによる負担も休憩することでストレスを解消できます。

目を動かしている筋肉のストレッチはお勧めです。

一時的な対処であれば目のマッサージなど様々なものがあるので、試してみるとよいと思います。

日ごろから疲れにくい状態を維持するためには、スポーツジムと同じように日々のエクササイズが効果的です。
速読トレーニングで例えるならば、目を動かすための筋力(眼筋)を上下左右の方向に大きく動かすことで、瞬間的にモノを追う速度をトレーニングできます。こういった目のトレーニングを継続することで持久力もみにつくので、今までと同じ時間で車の運転をしても疲れを感じにくくなる効果が期待できます

上下左右の運動以外にも大きく円を描くように目をストレッチしたり、近くを見て遠くを見るを繰り返す遠近トレーニングもよいでしょう。
ストレッチや眼筋トレーニングを行う際に疲れを感じたら必ず休みながら行うことが重要です。

対処療法ではなく根本的な解決のために

ストレッチや休憩は確かに有効ですが、やはり根本的な解決にはなりません。
特に一つ目と二つ目に関してはその人自身の目の筋力や頭の情報処理力を高めることで、より運転していても疲れにくい状態に変えていく事ができます。

ジョイント式速読(速脳速読術)なら目の筋肉を鍛え、脳の情報処理力を鍛える脳トレーニングをラクに続けられる仕組みがありますので、まずは自分で試してみるのもお勧めです。

速読というと文章を速く読むためだけのものというイメージがありますが、実際には脳の処理能力を上げる脳トレ(速脳トレーニング)によって文章を速く読めるようにする方法です。

この速読トレーニングで得る効果により運転時の情報処理能力の向上にも役立つのです。

また、文章を速く読むためのトレーニングの中で目の筋肉を鍛える内容も含まれており、眼筋が鍛えられると運転中の視線移動が楽に感じられるようになり運転がラクになります。

速読トレーニングには車の運転時の疲労に関係する2つの能力を鍛えることができるため、実際に運転が楽になったという方が多くいます。

ソクノー速読の脳トレなら簡単に続けられる

当サービスで提供している速読トレーニングでも同様の効果を得ることができます。
パソコン、タブレット、スマートフォンのインターネット環境を使い、40年以上の実績がある速読、脳トレをオンラインで手軽に行えます。

ソクノー速読なら1日7分間という短い時間で、毎日楽しくできますので運転する時疲れやすいという方は無料体験から始めてみてはいかがでしょうか。

また、ソクノー速読だけでなく記憶力トレーニングも最新のシステムでご提供しており、特許取得の特別なトレーニングをお試しいただけます。

関連記事

  1. 失敗しない速読セミナーの選び方

  2. 「勉強に集中できない」を解決する2つの方法

  3. 小学生から始める速読が効果的なワケ

  4. 速読=デキる人のイメージは間違いではない

  5. 速読のうそを見破る方法

  6. 速読ができない人とできる人の違い