知的な人になるための第一歩

知的になって人生を豊かにしたいと思った事はありませんか?

豊富な専門知識や語彙を適切に使える人は周囲の憧れになるだけでなく、その人の価値そのものを上げていきます。

知性溢れるスマートな人をイメージした時にどんな人が思い浮かびますか?

あなた自身に影響を与えるような知的な方のようになるためにはどんな知識が必要なのでしょうか。

憧れの人もいきなり知性的になったわけではなく、日々の努力が人間性を作っている事は間違いありません。

では知的になるために必要な知識はどのようなものなのでしょうか。

どういった人物になりたいのかイメージする

あなたが憧れる人のようになるために必要なものはなんでしょうか?

豊富な知識、経験、人脈など挙げればキリはありませんが、共通して言える事はある自分の分野に対しての知識が豊富であり、他の情報と組み合わせて応用してオリジナリティがあると思います。

例えば、営業力に長けてある方であれば、営業力で身につけた相手の気持ちの読み方、豊富な語彙や表現、言い回しや会話力に加えて、英語力やプラスアルファの長けた分野の知識を持っているはずです。

そのため言い回しや表現で的確な表現ができ周囲から知的な人だと思ってもらうことができます。

例に挙げた以外でも、専門分野の知識を組み合わせたり、経験に裏付けられた行動が取れる人なのではないでしょうか?

自分もあの人のように知的になりたいと思った時に、まず必要なのは自分が学ぶべきまたは学びたい専門知識を圧倒的に増やすことです。

圧倒的な知識を得るための土台を作る

1日に学習に充てる時間には限りがあります。

効率よく知識を得るためには、時間あたりの量を増やす、または同じ量を学ぶ時間を短縮する事です。

世の中には様々な方法がありますが、ここではジョイント式速読を使って今までよりも速くインプットをする基礎能力を身につけるやり方をお勧めします。

今までと同じ時間で学ぶ量を増加させるためには、まず読むスピードを速くします。

実用レベルで言えば現在の読書速度の2倍から5倍くらいで十分です。

ジョイント速読であれば一日7分間を毎日、もしくは2日に一度のペースで自然と速く読める力が身につくように設計されています。

しかしあくまでトレーニングであるため、7分間と言えど、最初のうちは継続するための習慣や努力はそれなりに必要だと思ってください。

必要なのはインターネット環境とパソコン、タブレットまたはスマートフォンです。

今までのスピードの2倍から5倍が実現できれば、圧倒的にインプットが速くなるのは想像しやすいと思います。

学んだ知識を使って記憶に定着させる

知的な人になるためにはインプットは必須です。その次に必要になるのは実際に利用できるようになるための定着、つまり学び得た事をアウトプットしていきます。

インプットした知識をブログで書いたり、人に話すなど具体的に得た知識を発揮する環境を整えてみましょう。

速読トレーニングを例に挙げると、訓練後に読書と合わせて習慣化する方法が有効です。

せっかく新たな知識という価値を得ても使わなけれは意味がありません。

これから目指す知的な人になるためにもいつでも応用を効かせることができる能力に昇華させておきましょう。

そのためにはまず最初にインプットで圧倒的な知識を得る土台を作り、事前準備から始めていくことがお勧めです。

関連記事

  1. 読む速さが倍になると価値はどのくらい?

  2. 誰でもできる速読のコツ

  3. 速読の方法とやり方

  4. 速読トレーニングに必要な時間

  5. 速読=デキる人のイメージは間違いではない

  6. 資料や契約書を効率的に読むために