資料や契約書を効率的に読むために

仕事で資料や契約書を素早く読むことが求められている

多くの資料や契約書を読むことが仕事の成果に直結する

日々の仕事上で取引先や社内でのメール、資料、契約書を読む方も多いと思います。
もっと速く読めればやるべき仕事の着手が速くなるのに、、、と感じたことはないでしょうか。

特に社会人の場合は仕事上で文書を素早く正確に読む重要性は語らずとも実感いただいている通りです。

企業で働くビジネスマン以外でも新入社員の教育で読むことを中心に教育が行われている場合も多くあります。

個人事業主や中傷企業の経営者であれば、時間が資産なわけですから、いかに時間を効率よく使うかが売上やコストに直結するかおわかりになると思います。

日々の仕事で文書を読むことは欠かせない活動

ホワイトカラーの職種であれば読む時間が仕事に影響します。もっと先の視点で言えば、社員の読むスピードは業績にも影響を及ぼすと実感される経営者も少なくありません。

日々大量の情報を読むことに使っているわけですから、こういった時間が短縮できるだけで生産性に貢献することは間違いありません。

企業経営者や個人事業主の場合は契約書のチェックや抜けや漏れをしっかりと見落とさないようにする必要もあります。

例えば、営業担当者が顧客毎に異なる契約書に目を通す場合、同じ内容をさらっと確認するだけでは後に大きなトラブルに発展する場合があります。

とはいっても時間は有限であり、契約文書を確認できる数にも限りがあります。

読むことが遅いと実感されている方なら、成績にも関わることであり致命的な問題と捉えている方もいます。

なぜなら1つの文書を読んでいる間に、読む速度が速い人は2つ、3つと読み進めることができるため、直接アウトプットに使う行動する時間が増え差が生まれてきます。

飛ばし読みをする癖が大きなトラブルを招くことも

社会人の中には契約書など、重要な文書を自己流で速く読む方法を身につけている方もいます。

ですが大抵の方は一般的な日本人の読書速度にあたる分側400文字~600文字程度です。

正しく速読トレーニングを受けていない人の殆どは飛ばし読みをしている傾向ガあります。

文書の内容を正確に理解できる速度が変わっていないのであれば、文字を読むスピードも変わることはありません。

重要なキーワードだけを拾って読む手法であったりすることがほとんです。

このような読み方がクセ付いている場合、今後も反射的に同じ読み方をする場合が多く、ミス1つ許されない場面で取り返しのつかない失敗をすることもあります。

そこまで重要でない場面であれば、手法としては有効ですが、そもそもの文章を読む情報処理能力を高めておくことで、正確に読む力と過去身につけた飛ばし読みの技術の両面で活用が期待できます。

文書を読むために頭の情報処理能力を速くする方法

理解力を落とさずに資料や契約書などの文書を速く読むためには、それに特化した専用の速読トレーニングが近道です。

いわゆる飛ばし読みや効率的な読書法などの手法にスポットを当てるのではなく、文字を反射に認識できる力です。

人は文字の形を映像として捉え、次に脳にその映像を送ります。その映像を認識したら次に過去の記憶というデータベースから、形の意味を検索していき見つけ出したら意識にアウトプットして、認識が生まれます。

こういった読書のプロセスを理解して、文字の意味を認識するまでの速度を高めていく必要があるのです。

科学的な方法に基づいてトレーニングを行うソクノー速読(ジョイント式速読)を例に挙げると、この文字検索スピードは誰でも向上させることができます。

速読トレーニングをされた方は受講後にこのように感想を述べていることが多いです。

本人は無理をしているわけではないのに、スラスラと自然に文章と意味が分かるようになる感覚

もしも重要な文章を大量に読むことを迫られている仕事であれば、こういった速く読む能力向上による効果は計り知れません。

関連記事

  1. 速読の方法とやり方

  2. 知的な人になるための第一歩

  3. 速読のうそを見破る方法

  4. 速読トレーニングに必要な時間

  5. 速読=デキる人のイメージは間違いではない

  6. 速読ができない人とできる人の違い