仕事で役立つ読解力・理解力向上の速読勉強法

仕事に役立つ読解力・理解力向上のための速読勉強法2

<目次>
・理解力不足が引き起こす数々の問題
・仕事上で発生する(している)問題
・多岐に渡る文章の多読で理解力を向上させる
・自分の読解力チェックに時間を費やす
・読解力を向上させる多読には情報処理能力を高速化することが重要
・情報処理能力を2倍以上にできるSOKUNOU(速読能力)とは

理解力不足が引き起こす数々の問題

仕事や学習をはじめ私生活上のコミュニケーションでは会話だけでなく、文章上でのやり取りが多いことを実感している方もいるのではないでしょうか。

理解力や読解力は、私たちの仕事、勉強、そして日常生活において非常に重要な役割を果たしています。

特に現代社会では、大量の情報に迅速に対応し、それを効率的に処理する能力が求められます。特に文書や会話での「理解力不足」は多くの問題を引き起こす原因になり得るため避けたいと考えている方も少なくありません。

この記事では理解力、読解力不足により発生する様々な問題についての実例と解決方法についてお伝えしていきます。

仕事上で発生する(している)問題

「文書からの読み取り理解が正確でなかった」、「指示側から口頭での情報伝達が正しく伝わっておらず仕事にミスが発生した」など、理解力不足によるミスが発生してしまったり双方で時間ロスが起こったりした経験があると思います。

大抵は情報を受け取った側の単純な理解力不足やコミュニケーションミスで片付けてしまう場合がありますが、このような原因の深掘りや対策を行わない場合、多くの場合で同じ問題が発生します。

仕事のデキる上司や同僚であれば、聞き手が確かに理解しているか確認してもらえる場合もあるかもしれませんが、毎回親切に確認できるかと言えばそれは難しいでしょう。

仕事上で頻繁に聞き手の理解力不足による事実誤認が発生しているようであれば、生産性の低下を招き結果的に多くの時間を失っている可能性があります。

多岐に渡る文章の多読で理解力を向上させる

理解力や読解力を根本から向上させるおすすめの方法は「多種多様の文書を多読する」を始めることです。

小説、一般書、童話、ビジネス書、技術書を始め多岐に渡る文書を読み進めることで今まで知らなかった熟語、単語、類義語、表現方法など語彙知識が増えていきます。

様々な角度から言葉を解釈する頻度を増やすことで理解の質が向上していくため、理解できているかを自分で検証する力が身につくようになります。

自分の読解力チェックに時間を費やす

多種多様の文章を多読することで知識量は増えたように思えますが、本当に理解する力が向上しているのか、自己による振り返りや理解度チェックの習慣が必要となります。

多読によって得られた理解力や読解力をチェックする具体的な方法としては、要約や主要なポイントの抽出をしてみることです。

例えば、読んだ文章の要点を数行で書き出す練習をすることで、内容の理解度を自己評価することができます。また今はChatGPTなど、AIに頼った理解力チェックで実力確認もできます。

多読によって得た知識の理解度を確認しながら、普段の仕事や私生活上での理解力に不足がないかを自問できるようになるため、相手が求める理解力を必然と確認する習慣が身につき大きな問題が発生する前に軌道修正が可能となります。

読解力を向上させる多読には情報処理能力を高速化することが重要

多岐に渡る文章の多読を繰り返し行うには情報認識の処理能力のスピードを上げることが求められます。

実生活において多読の時間を確保するには工夫が必要なだけでなく、今よりも速く文章を読むための能力を身につけることが必要不可欠です。

時間に制約がなければ良いですが、現実的に多読の時間確保に加え、自身の速読能力を上げることが重要です。

最初はとにかくまずは限られた時間で量をこなしていくことで、理解の質も高まり読解力を向上させることができるようになります。

情報処理能力を2倍以上にできるSOKUNOU(速読能力)とは

仕事上での理解力や読解力不足を改善するために限られた時間で多読を可能とするために情報処理能力の向上が必要だとお伝えしましたが、この速読能力を養うためにオススメなのは「SOKUNOU」の速読能力向上トレーニング(ソクノー速読)です。

現在の読書速度の2倍〜10倍を目標に1日7分間で目と脳の情報処理能力を向上させるトレーニングです。

スキマ時間でも継続できるので忙しい社会人、ビジネスマンも多く利用しているオンライン速読学習サービスです。

多読した文書を忘れない記憶にする「長期記憶化」の能力も身につくため、時間を費やし得た知識を有効活用できることも利点です。

また、ソクノー速読には多種多様の文章を読める「図書館」機能も付属しており、23ジャンル201コンテンツ以上の文章を多読に活用できます。

無料体験はすぐに行えるので気軽にトライしてみてください。

実績No.1ソクノー速読


再現性98%以上。企業研修でおすすめの速読プログラム

企業の速読研修でおすすめは国内外で45年以上の実績がある川村式ジョイント速読(速脳速読)です。
研修形式は講師派遣による速読研修、イーラーニング、その他にも各企業の研修形式に合わせたカスタマイズ形式で導入することができます。

長年培ってきたノウハウと最新のシステムで着実に情報処理能力の向上が実現できます。
過去の受講生や研修実績から見ても98%以上の再現性があります。

速読研修で業務パフォーマンスの成果を上げるなら川村式ジョイント速読法を採用しているSOKUNOU(ソクノー速読)を検討されてみてはいかがでしょうか?
経理・事務などのバックオフィス系だけでなく、プログラマーの情報処理能力の向上、企画・営業の情報収集、アイデア創出にも効果的です。
以下のページではトライアルから導入が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

速読研修を企業で採用するならSOKUNOU

関連記事

  1. 速読ゲームで読む速さが上がる

    速読ゲームで読書速度は向上できるのか

  2. スポーツに速読トレーニングを役立てる方法

  3. 速読に必要なスイッチ動作とは

  4. eラーニングの速読法は効果あるのか

  5. 速読研修が企業の業績アップに与える影響とは

  6. 読書で集中力が続かない人の特徴と改善方法