成長につながる速読学習のアドバイスを受けるには

成長につながる速読学習のアドバイスを受けるには

<目次>
・ 適切なアドバイスとは
・ 自信に繋がるアドバイスを受けるには
・ 速読を身につける上で大半を占める挫折要因
・ 頭に残る簡潔なワンポイントアドバイス
・ 毎日の成長につながるワンポイントの気づきを得るならソクノー速読
・ まずは無料体験からスタートしよう

現時点で速読トレーニングをしている方もいれば、これから資格試験、専門知識の勉強のために速読学習を検討されている方もいると思います。

これから目指す目的を実現するための手段として速読が役に立つと感じているのではないでしょうか。

速読は正しいトレーニングを実践し身につける事で、今の読む速さの何倍もの速度で文書が読めるようになります。効率が上がることに加えて今後も一生モノの力になります。

従来の読む速度では得られなかったアイデアの創造ができるようになったり、人生の転機を迎える機会にもなり得ます。人の知識とアイデアには大きな可能性があります。

しかし能力を身につけるトレーニングを行う過程では度々挫折するかも…と感じることがあると思います。トレーニングで蓄積された今の能力状態を把握できず「このやり方で本当に良いのだろうか?」と感じ思ったような効果を実現できない停滞期も訪れると思います。

このような状況では一定数の方は挫折してしまうこともあります。学習全般で言える事ではありますが、速読トレーニングにおいても正しいやり方で少しずつ実感を得て成長を感じる事は継続する上でとても大事です。

この記事では今現在で速読学習に対して「行き詰まっているかも?」、「継続のモチベーションが低下してきた」と感じている方に簡潔なワンポイントアドバイスを得る方法と重要性についてお伝えしていきます。

適切なアドバイスとは

まず適切なアドバイスとは一体何なのか考えてみます。適切なアドバイスとは、今自分の能力変化を中々感じられない時期だったり、読書速度があまり変化しないと感じていることが要因となりネガティブな気持ちが生まれる時です。

こういった状況で効果的なのは「今やっていることを続ければ成果が出る」という確信めいた自信を持って学習を進めることです。自信を持って続けることができるようになれば、成果が見え始めた頃にそれは大きな自信に変わります。

適切なアドバイスとはこの確信のような自信を持ってモチベーション高くトレーニングを継続できる言葉です。

しかし自信を持てるようなアドバイスを受けるにはどうしたら良いのでしょうか。

自信に繋がるアドバイスを受けるには

自らが今進めているトレーニングに対して自信を持って取り組むためには、

 まずわかりやすいこと
 的確に受講生の問題を捉えていること
 問題をどのように解決するか明確であること

が挙げられます。そのためには経験豊富な講師やインストラクターと呼ばれる方々の力が必要となります。何故なら多くの方々が陥りやすいポイントは大体同じため、何をすれば効果を実感できるか理解しているためです。

例えば、速読トレーニングでは音読での読書方法では一文字ずつ文章を読み進めるため、物理的に限界があります。これは音読の壁(カベ)と呼ばれる逐次または直列処理的な読み方のおおよその限界値を表す表現の一つです。

国内外で45年以上の活動実績がある新日本速読研究会の過去数十万人に及ぶデータから見た場合、実に7割の方が分速2,500文字〜3,000文字前後の読書速度で一度頭打ちに見える現象が起こります。

速読を身につける上での大半を占める挫折要因

それもそのはず「音読」の読書習慣は幼い頃から文字を読む方法として当たり前とされており、急に文字(文章)を見た際に起こる反射をなくすことは簡単ではありません。

梅干しやレモンなど見ただけで酸味の反射が起こる状態と同じ状態です。

文字を見たら「音読する(脳内で音を出す」ことは自然な事でもあります。

しかし音読では限界値付近の読書速度を超えることが難しいため、次に必要となるのが視読(しどく)です。この視読という読み方は一度に複数文字、複数行を視て情報の意味を把握する脳内の認識回路を形成することで可能となります。詳しくは以下の記事でもご紹介していますのでご覧ください。

この視読という文章の情報認識を実現するには、脳内で複数文字以上の文字を映像で捉えつつ文章の意味を認識する「整行回路」を作る必要があります。

整行回路とは簡単に言えば、長年音読を続けてきた事により文字を見るだけで自分の意思とは反して勝手に音読(黙読しても頭の中で音を出している)してしまうような反射と同じことです。視読(ブロック読み、文節読みとも呼ばれる)は脳内に存在しない新しい文字認識の方法で、即座に実現できるかと言えば視読トレーニングと呼ばれる特化型の複数文字訓練を一定期間必要とすることがほとんどです。

一方で過去の脳の使い方次第では習得できる期間が短い、またはすぐに実現できる方がいることも事実です。

例えば、幼少時にピアノ(和音演奏は同時並行処理の要素)をしていたという経験があると複数情報を同時に処理する右脳の機能の整行回路が作られており、一般的に日本人に多いとされる左脳タイプ(直列処理的に一つ一つ物事を処理するタイプ)に比べて習得が早い傾向があります。

このような視読の習得が必要になった場面でも、適切なアドバイスを得ることで現在の学習段階を把握し、必要な訓練を自信を持って継続することで音読の壁を超えるきっかけとなります。

頭に残る簡潔なワンポイントアドバイス

自信を持ってトレーニングを継続していくためには、上記で挙げた中でも「簡潔でわかりやすい事」が重要となります。

例えば、速読トレーニングを初めて間もない方の中には、今までよりも測定上では読書速度が上がり、早く読めるようになったと確認できた場合でも、大抵初めて読む文章では従来通りの音読での遅い読み方が癖として出てきてしまう傾向があります。

このような場面でどのようにして訓練上の速度と同一の読書速度を発揮したら良いか(実践で速読の反射を起こす訓練)を簡潔に教えてくれます。(このケースでは訓練によって既に情報を高速認識できる視る力を習得していても発揮できない場合に限ります)

一例を上げると、

「実際の文書を読む際に◯秒間、文章の意味を意識しないで△と◻︎の動作を繰り返す」

など、トレーニング直後の最も高い効果を実践で再現できる反射の起こし方をアドバイスしてくれます。

その他にも最終的に読書速度となって効果を感じる前に必要な基礎能力の挙げ方も簡潔にアドバイスが得られます。

毎日の成長につながるワンポイントの気づきを得るならソクノー速読

ここまで速読効果を最大限発揮するためには、簡潔でわかりやすいアドバイスが必要であるとお伝えしてきました。

ではこのような実践的なワンポイントアドバイスはどのようにして得ることができるのか。

既に受講されている速読教室の講師、インストラクターに聞く方法が良いですが、万が一アドバイス内容に不安を感じるようならオンライン受講できる「ソクノー速読」もおすすめです。

ソクノー速読なら1日7分間の訓練直前に簡潔で的確なアドバイスが表示されるため、アドバイスを意識したトレーニングを行うことができます。

またアドバイスは500種類以上あり、速読教室の経験豊富な講師監修の元で制作されています。

トレーニング後に配信されるレポートメールにも同様のワンポイントアドバイスが送られるため、後ほど見返す事でトレーニングの理解力も高めることができます。

120種類以上の速読訓練&測定に加えて、100種類以上の速読ゲーム、インプットだけではなくアウトプット量やスピード、記憶力、読解力を高めるコンテンツも豊富に用意しています。

ソクノー速読は無料体験も可能ですので、ぜひチャレンジしてみてください。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 速読ゲームで読む速さが上がる

    速読ゲームで読書速度は向上できる?

  2. 速読術をマスターする方法

    速読術をマスターする方法

  3. 速読やり方

    速読の方法とやり方

  4. 試験の長文対策に必要な速読能力とは

    試験の長文対策に必要な速読能力とは

  5. スポーツ速読

    スポーツに速読トレーニングを役立てる方法

  6. 速読できない人とできる人の違い

    速読ができない人とできる人の違い