数学・暗算で計算ミスを減らす方法

試験やテストでもう少し時間があったら良い点数が取れていたという経験はありませんか?

普段の勉強時には計算ミスや誤字など細かいケアレスミスが少ない場合でも、いざテストを迎えるとなぜかミスが多くなるという方は時間に余裕を持てないがために発生してしまっている可能性があります。

時間に対する心の余裕が持てなければ、こういったミスは続く場合があります。

十分な実力を試験時間内に発揮するために必要な対策をお伝えしたいと思います。
小学生や中学生の受験対策にも効果的なので、試験全般で利用できる計算や暗算ミスの減らし方として参考にしてみてください。

見直す時間がなく焦りからミスが生じる

試験で時間の余裕を感じない方の多くは、与えられた時間内に見直す余裕がないことが挙げられます。単純に緊張してしまい頭に問題が入ってこないこともあれば、問題文を読むことに時間を使いすぎている場合もあります。

人間はミスを起こすものなので、ミスを最小に抑えるためには、何度か見直しをするなど目視で確認を行いその間違いを認識する必要があります。

しかし時間という制約がある中で、物理的に読む速度が遅い方、例えば試験時間に1度しか通読できない方は不利な状況に置かれます。

仮に見直しをしない場合に些細な計算ミスによる間違いが60%発生、一度の見直しで90%までケアレスミスが減少するのであれば、いかに見直しが重要かは理解できると思います。

読む速度が遅く時間に対する余裕がない

試験で細かいミスをなくすためには、時間的な余裕が心の余裕をも生む場合があり、そもそもの間違いも減らせる可能性もあります。自分はあと3回見直す時間があるからゆっくり考えて解こうという気持ちの余裕です。

試験を迎えるにあたり、多くの時間を費やしてきたのに本番でその力を発揮できないのは非常に勿体無いことです。

国語の長文対策から算数・数学の計算まで時間の余裕を持つために対策できる一つが「読書速度の向上」です。

時間がない問題を解決する方法

読書速度の向上は速読トレーニングを行うことで実現することができます。

速読術・速読法とも呼ばれているトレーニングは一生モノのスキルとなるので、試験だけでなく社会人の情報処理スキルとしても注目されています。

仮に試験で出題される問題の文字数が1万文字ほどあったとすると、一般的な読書速度が分速500文字の場合、読むだけで20分は消化されてしまいます。

国語などの試験は年々長文化が進んでいると言われているため、読むことが遅いだけで時間的・心理的余裕が失われてミスが増えやすくなる傾向が考えられます。

文章問題から自分なりの解釈を得るためには考える時間も必要ですから、いかに読むことに費やす時間を短縮できるかがポイントになります。

(日本人の平均読書速度は分速400文字から600文字程度 ※新日本速読研究会より)

時間対策には速読が効果的

速読の中でもジョイント式速読法(川村式)は誰でも簡単に3つのポイントを踏まえて訓練をすることで読む速さを3倍〜20倍以上に向上することが期待できます。

ジョイント式速読は写真のように全てを覚える速読法ではなく、まずは今の音読を生かした速度を上げていくことができ、段階的に文章を文節や固りで捉え、広範囲を視て読む(視読:しどく)の読書回路を覚えていきます。

学校教育で学んだ読み方は(音読:おんどく)と呼ばれ、文章の文字を一文字ずつなぞりながら読む方法です。

この音読での読み方だけでも短期間で3倍程度までは、読書速度を向上できることが新日本速読研究会の研究データではわかっています。

いきなり1冊1分で読む速読を行うよりは現実的で実用面での活用がしやすい速読トレーニングといえます。

速読ならソクノーがおすすめ

音読の速読から始まって視読の読み方を習得できる速読トレーニングならソクノー速読がおすすめです。

試験での計算ミスやケアレスミスが多く、なんとか解決したいと考えている方は時間の余裕を持てる速読が効果的です。

学習面でも記憶・暗記スピードが上がるなど試験以外でも情報処理能力の向上によって様々な効果が期待できます。

ソクノー速読は1回7分間でインターネット環境さえあれば、オンライン学習できるので隙間で習得されている方も多くいらっしゃいます。

まずは無料体験から始めることができますので、お気軽に以下のフォームから試してみてはいかがでしょうか。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 速読トレーニングに必要な時間

  2. 速読のうそを見破る方法

  3. 速読の費用対効果

    速読の費用対効果を知る

  4. eラーニングの速読法は効果あるのか

  5. 視読(ブロック読み)とは

  6. 失敗しない速読セミナーの選び方