速読術をマスターする方法

速読術をマスターする方法

速読術はマスターできるのか

過去に速読術という言葉を聞いた事があるかもしれません。速読術がマスターできると大量の知識をインプットしたり、資格試験に役立てたり、学生なら入試、受験、一般的なテストにも活用ができます。

とても便利な方法であると分かっている一方で、現在では多くの速読術が存在しており、どれをやってみればよいか悩む方もいます。

速読術にはこれが正しいいった決まりはなく、誰でも速く読める方法を速読術と読んでいるのが現状です。

しかし速読術とは誰でもできる方法である一方で、常人にはとても達成できないようなツライ訓練を教えているところも存在します。

速読術がみにつけば自分にとってのアドバンテージになることは間違いありませんが、せっかく時間をかけて学ぶのであれば、効果的に着実に能力向上ができないと意味がありません。

結論から言ってしまえば、速読術は誰でもマスターできるものであり、やり方さえ間違えなければ、1回数分のトレーニングでも効果を実感することが可能です。

速読術に興味はあるけど、実践する時間や機会がない方に手軽に効果を実感できる方法をお伝えしたいと思います。

速読術とは一体何か

速読とはその名の通り、書籍、オンラインメディア、雑誌などの文章を理解力を落とさずに今までの何倍もの速さで読み進めていく能力や技術を言います。

多くの方は速読術を飛ばし読みやナナメ読みの技術と認識している方も要るかもしれませんが、それは速読術ではありません。

単なる飛ばし読みの方法です。

このような飛ばし読みは主にキーワード(重要だと思われる単語)を拾っていき、意味として理解(類推)するという方法です。

これでは、正しく文章を読解できずに間違った理解で文章を読み進めてしまう可能性が非常に高いのです。

正しい速読術の理解とは、「現状の理解力を保ったまま、文章の内容を把握すること」です。

ちなみに、読む人の理解力は知識量(語彙量や専門知識)で読書前に決定されており、速読術をしたからといって、理解力が向上するわけではありません。

理解力の向上には速読術を活かして大量の知識をインプットすることで、向上していくため速読術で理解力が上がるわけではないことを認識しておきましょう。

速読術は誰でもできる

速読術と聞くと難しいトレーニングをイメージする方もいますが、そんなことはありません。実際に行うことは今までよりも速く文字や文章を視た際に、理解できる頭の処理速度を向上させていきます。

そのプロセスでは、既にある知識という記憶のデータベースから、目の前の文章の文字の形や意味を認識するために照合する処理速度を上げていきます。

この方法は既に人間の脳が持っている脳の順応する力「可塑性(かそせい)」と呼ばれる慣れが生じる方法で高速で照合できる能力を引き上げていきます。

この高速処理に慣れる能力は、自動車で高速道路を運転する際の感覚に似ています。

例えば、自動車で高速道路を時速100キロで走行した後、一般道路で40キロを走行した場合、普段よりも一般道路の運転速度が遅く感じた経験があると思います。

これは高速道路で速い速度に順応したため、一般道路の速度が遅いと感じるようになったのです。

脳の可塑性とはこのように普段とは異なる環境に順応する力のことで、人間が誰でも持っている脳の機能なのです。

速読術ではこの脳の可塑性を用いて、高速で文章を視た際に意味を脳内で照合できる処理能力を向上させていくことができます。

高速道路を運転しているような環境を速読術トレーニングで作り出すことで、誰でも速い速度を覚えることが可能なのです。

途中で挫折する人の特徴

以前、速読術にチャレンジして身につかなかった方もいるかもしれません。
速読がみにつかない方に共通して言えることがあります。

それは「訓練が続かない」、「読むと視る(みる)が分からない」、「文章をどうしても読んでしまう」という点です。

中でも速読術がみにつかない最も大きな要因は「訓練が続かない」です。

他の2つは早めに正しい方法を知っておくと良いですが、訓練を継続する上で自然とみにつくもので大きな問題ではありません。

ダイエットでもスポーツでも同じことが言えますが、一定量の継続をしてこそ効果が得られますが、挫折した方で最も多くの要因は「続けられなかった」ということです。

蓄積された能力が反射的に発揮できる状態には個人差はありますが、成功された多勢を参考にすると大体は3ヵ月~半年などの期間は必要になります。

通うのが難しい、仕事や勉強で中々時間が取れないなど継続できない要因は様々にあるとは思いますが、なるべく生活の導線上に習慣化できる人ほど成功しています。

新しいことを学び、みにつけるには継続することが重要であることは理解する必要があります。

続ける仕組みが整っていることが大前提

では続けるための工夫としては何が必要なのでしょうか。

まずは、「短時間でできる」ことです。

普段から忙しい社会人や学生にとって、1日1時間以上も時間が取られてしまう場合、他にやるべきことを中止しなくてはいけません。

1日で読む時間は起床時間の半分以上取られている方もいるため、速読術をしながら読む効率を挙げていくことがお勧めです。

そのためには、1日数分でも期間を空けずに継続できる方法でなければなりません。

速読術には1日数時間という集中した受講スタイルもありますが、着実に能力をみにつけるには7分で十分であることがわかっています。(利用者1万人を超えるオンライン速読術プログラム「速読の学校」、「ソクノー速読」での実績調査)

次に「成長を実感できるか」ということもモチベーションを保つための重要な要素です。

速読トレーニングをひたすらやっていても、主観によっては速く読めることに順応してしまい、「変わっていない」と感じる方もいます。

トレーニング前後で明確に成長したことが分かる数値の比較や速読術に重要な指標である、読書速度や理解力測定などで比べることができる訓練システムが、成長を実感する上では必要になってきます。

速読術をやる前に知るべきこと

速読術をやる前に必要なこと、それは現状の読む速度(読書速度)を知ることです。単純に文章を読むだけでなく、速読術に必要な要素を含む目の力、脳の処理速度など明確に文章理解に必要な指標があるシステムや講座を選ぶことです。

速読術をスタートしても中々実感ができないのは客観的な比較要素が欠如していることも理由として挙げれます。

まずは自身の現状の能力値を数値化して、比較できる状態を整えてから実践すると成長を実感でき、継続のモチベーションに繋がります。

まずはオンラインでやってみよう

ここまでお伝えした内容で速読術マスターに必要な要因を理解できたら、実際にチャレンジしてみて自身の生活環境に合っているか確かめてみることも必要です。

お勧めは40年以上の速読術の実績があるオンライン学習のソクノー速読です。

海外でも利用されている実績あるジョイント式速読術がベースとなっているので、安心してチャレンジできます。

速読術はマスターすれば一生モノの力としてスキルアップになりますので、一定期間は習慣に取り込めるように工夫しながら継続してみてください。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 社会人の速読トレーニング

  2. 文章読解に必要な語彙量

    読解力向上のための語彙強化

  3. 誰でもできる速読のコツ

  4. 速読の効果を知ろう

  5. 英語学習を効率化する方法

  6. 知的な人になるための第一歩