社会人の速読トレーニング

社会人がみにつけるべき速読スキル

私たちは普段から文章や文字を常に読む活動が大半の時間を占めています。特に社会人になると「読む」といった活動は避けられません。

例えば「資料」、「メール」、「ビジネスチャット」、「調査」など、必ずといってよいほど読むことに関わりがあります。

文章を読み理解するために使っている業務中の時間は1日の2割~3割以上、オフィス業務に従事されている方は8割以上も読むことに時間を費やしているといっても過言ではありません。

この読む活動において正確に内容を把握できれば「遅く読む」よりも「早く読む」ことで仕事上の大きなメリットに繋がります。

余計な時間を費やすことなく、考えるための知的活動に時間を使ったり、今までよりも短い時間でこなせる仕事量も増えますので生産性の向上にも繋がります。

しかし社会人が速読訓練に費やす時間を容易に捻出できるのかと感じる方もいるのではないでしょうか。

こういった時間の問題については心配する必要はありません。選ぶサービスや少しの工夫で忙しいビジネスマンでも無理なく速読をみにつける方法を後ほどご説明しますので参考にしてみてください。

この記事では社会人のために必要とされる情報処理能力の向上の必要性とその実現方法をお伝えします。

社会人に必要な情報処理スピード

速読の力をみにつければ仕事だけでなく、私生活で読む読書にも大きな影響を与えることは想像に難しくないと思います。

仮に一年後に読むスピードが今の5倍以上あれば、得られる知識や行動にまで好影響があり自分の価値を高めることにも繋がるでしょう。

日本人の一般的な読書速度は大体分速400文字~600文字程度であり、よほど速く読む能力を持っていない限り速くても分速800文字~1200文字で音読をしている場合がほとんどです。

あなたの周りの人も1分間に600文字程度で読んでいることになります。

仕事の評価を高めるためには付加価値の低い仕事を少なくし価値の高い仕事の質や量を多くこなすことで成果にも直結します。

仕事で多くの成果に繋げるためには付加価値の低い業務に時間を使うことは決して有意義とは言えませんが、読むという活動は避けては通れません。

読書速度がわずか倍になるだけで例えば1年後の評価は大きく変わる可能性があります。

あくまで一例ですが、同じ能力をもった人間が2人いたとして、読む速度が速い人のほうが他人から見ると優秀に見えてしまうものです。

社会人として成果を挙げていくためには自分の情報処理速度、すなわち読むスピードを速くすることでこれから取り入れるインプットやアウトプットのための基礎体力が向上します。

速読は社会人の必須スキルであり、少なくとも一般的な読書速度の3倍以上(分速1500文字以上)はみにつけておくことをお勧めします。

読むスピードが3倍になるとしたらあなたにとって、どのような影響があるかぜひ一度考えてその価値を試算してみてください。

一日で読む時間はどのくらい?

あなたが一日で読むことに費やしている時間はどのくらいでしょうか。

新日本速読研究会(ジョイント式速読)で教室の受講生300名にアンケート調査をしたところ、平均で3時間~5時間程度で読むことに時間を使っているという結果が出ています。
(東京近郊でオフィスワークが多い方が中心のため少し偏っている可能性があります)

1日に読む時間比率が多ければ多いほど、読書速度が速くなった際の影響は大きくなることがわかると思います。

それだけ読む活動は必要不可欠であり、忙しい社会人ほど速読による恩恵を受けることができることを表しています。

もちろん自己研鑽のための読書や学習の効率も向上します。

習得には継続が成功のカギ

速読は社会人の基礎能力であり必須スキルであると言っても過言ではありません。

しかし真の速読能力はトレーニングによってみにつくものであり、スポーツや運動と同じで定着するまで継続がかかせません。

継続しなければならないのは面倒だと感じるかもしれませんが、一度に長時間行う必要はありません。

忙しい社会人にとって仕事以外の時間は有益に使いたいものです。

できるだけ無理なく継続できる仕組みの速読ソフトやプログラムで行うと挫折せずに効果を確かなものにできます。

最初に必要なのは長時間の訓練ではなく、短時間で毎日やるような短い間隔での継続です。

社会人でも無理なく続けられる速読トレーニング

速読を継続するなら1日7分間で効果を実感できるソクノー速読がお勧めです。

プログラムはオンラインで行うことができ、サポートも電話やメールで速読教室の講師が行うなど充実しています。

訓練やトレーニングと聞くと難しく感じてしまいますが、ゲームなども豊富にあるので安心して楽しみながら継続することができます。

無料体験期間も設けていますので、自分に合わなければ費用も一切かからないため気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 速読を始めるために必要なこと

  2. 車の運転疲れは速読の脳トレで解決

  3. 右脳トレーニングに速読がおすすめな理由

  4. 読書しても記憶に残らない方の対処法

  5. 「勉強に集中できない」を解決する2つの方法

  6. 読書で集中力が続かない人の特徴と改善方法