速読で勉強・学業成績をアップさせる方法

速読で勉強・学業成績をアップさせる方法

あの人は頭が良い人だとは良く聞かれる言葉ですが、実際に「頭が良い」とはどういう状態を指すのでしょうか?

話していて「頭が良い」という印象を与える人が実際はそれほどの能力はなかったというケースがあります。その反対に何をやらせてもダメで、不器用な人が東大卒だったということもあるでしょう。

このように「頭が良い」という表現には、2種類のケースがあるのです。

会話の中で「この人は賢い」と思わせることができる人と、額魚宇野成績が良い人。これらのケース、どちらの状態を作り出す難しいかと言えば、圧倒的に前者です。

成績の悪い生徒を教えて成績を引き上げることと比べると、愚鈍なイメージを持った人をそうでなくさせるのは難しいものです。

速読を使い学業成績をアップさせる方法について説明しましょう。

すでに日本人の平均読書スピードにについてお話しましたが、このスピードと学業成績は、深い関係があります。

分速200文字の生徒ばかりの学校と同1000文字の生徒が集まる学校では、圧倒的に後者のほうが、学業成績は高くなるのです。

つまり学業成績を上げたいなら、読書スピードを引き上げる必要があります。

記憶力に特段の問題が無い限り、読書スピードが早ければ早いほど、勉強の結果も高くなります。

新日本速読研究会のデータでは、成績が下位だった生徒に速読を教えたことだけで、成績が跳ね上がったという事例があります。

読書スピードを上げることで、学習スピードも上がり、自然と学業成績は高くなるのです。

学業成績は情報収集量で決まる

速読を学ぶと「それまでは勉強時間が同じなのに、なぜか成績が一気に跳ね上がった」という出来事が起こります。

なぜならおなじ勉強時間でも情報収集の量が格段に上がったからです。

受験に成功した人が、合格体験記などで「この学校に入るには、一日●時間勉強する必要がある」ということを書きますが、実はこれはかなり当てにならない話です。

なぜなら読書速度が分速1000文字の生徒は、同200文字の生徒の5倍多く情報量を詰め込むことができるからです。

例えば国語、理科、社会などは、教科書を丸暗記することで対応できる教科です。

つまり読書能力の異なる生徒に「毎日●時間勉強しなさい」というのは、徒歩とバイクと車、それぞれ手段が違う人に対し「あのお店までは1時間で着きますよ」というのと同じなのです。

学業成績は頭の良し悪しではなく、情報収集量の差で決まるといえます。

一流大学に入れる人と、それ以下の大学に入る人。昇進する人とそうでない人の差は、こういうところにあるのです。

成績アップに効果的な速読トレーニング

速読術はテクニック論ではなく、継続したトレーニングによってその効果を得ることができます。

続けてやってみようと思ってもつまらない辛い訓練は誰もがやりたくないと思うはずです。

パソコン、タブレット、スマートフォンでできるソクノー速読なら楽しく続けられるゲーム速読、1日7分間の完全オートトレーニングで苦労なく行うことができます。

無料体験も行っていますのでぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 速読トレーニングで不安にならないために

  2. 速聴トレーニングの効果とは

  3. 試験対策で速読術を使う方法

  4. 脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは