試験対策で速読術を使う方法

試験対策に速読術は役立つのか?

速読できたら試験対策に役立ちそう、、、となんとなく感じている方もいると思います。
では具体的にどのような役立て方をすれば良いのかご紹介したいと思います。

試験当日で効果を発揮する

試験当日になって「見直しができなかった」、「時間が足りずに最後まで余裕を持って回答できなかった」と感じたことはないでしょうか。

せっか多大な時間を使って勉強したにも関わらず、実力を時間内に発揮できなかったことほど残念なものはありません。

もしかすると合格していたテストでさえ取りこぼしてしまっている可能性もあります。

こうなってしまう原因の一つは読む速度が遅いことにあります。

読む速度が遅いだけで試験で不合格になるなんてあんまりだという思いもあるのかもしれませんが、試験で決められた文字数を時間内に読めないと合格できないのが現実です。

速読術を試験に使うなら時間に余裕を持つことで直接的な問題は解決できます。

試験前の勉強で効果を発揮する

続いて速読術を試験対策で使うための勉強編です。

速読の力で最も大きい影響は繰り返すスピードが上がり、何度も反復学習ができるようになることです。

反復学習の力(速度)を向上できれば、記憶力も同時期高めることができ、かつ過去学習した問題の見直し時間も大幅に短縮されます。

重要なことはこのような状態が自然と発揮できるようになることです。

効率よく反復学習をするために読み方や準備に時間がかかるようでは本末転倒です。

あくまで自然に速読で身につけた能力が発揮できるようにならなければいけません。

例えるならスポーツの反復練習だと思ってください。何度も繰り返し練習をすることで無意識の状態でも必要な反射が起きる感覚を定着させる必要があるのです。

速読は試験後こそ必要な能力

試験対策での速読の活用方法をお伝えして来ましたが、忘れてはならないのが、受験や試験後にどう使うべきなのかです。

試験に合格した後こそ速読の力を発揮しなければいけないシーンが多いはずです。社会人なら生涯学習で能力を高め続け、学生なら次の試験が数多くあります。

速読という手段を用いて達成したい目的を短期的に定めるのではなくて、長期的な視点で活用する事を心がけて速読トレーニングをしてみてください。

どうやって速く読む力をみにつけるのか

理解力を保ったまま速く読むなんて本当にできるのか?と感じる人も多いと思います。

結論から言ってしまえばこういった速読術は可能です。

そのためには多少の努力は必要ですが、きちんとトレーニングを継続すれば誰にでも可能です。

SOKUNOUのサービスでは速読力、記憶力を着実に底上げしていくトレーニングを無料で体験できます。

まずは速読術を自分で体験して能力変化を実感してみてください。

関連記事

  1. 速読トレーニングで不安にならないために

  2. 脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは

  3. 速聴トレーニングの効果とは