速聴トレーニングの効果とは

速聴トレーニングで期待できる効果

今より数倍早く情報を理解できればどれだけ勉強や仕事がはかどるか、、。そう感じたことがあるとではないでしょうか。早く聞く情報処理能力を上げることで様々なメリットがあります。
速聴トレーニングで今感じている問題を解決したいと考えている方に速聴とは何かをご紹介します。

速聴とは

速聴トレーニングとは、その名の通り音声をはやく聞く訓練を行うことで、今までと同じ理解力を保ったまま音声情報を早く聞けるようになるトレーニングです。

音声を早く聞くことがてきるようになるとどんな良いことがあるのでしょうか。

例えば、今までよりも数倍の音声学習を行い同じ時間で多くの勉強ができたり、無駄を省きながら知識を増やすことが可能になります。
また右脳教育の一環として利用されており、一般的な音声速度の何倍もの速度で聞く能力がみにつくと脳の活性化にも繋がります。

現在ではパソコン、タブレット、スマートフォンを通じてのデジタル音声教材も多くあり、一般的な速度で聞いているだけでは学びたい知識を全て対応することは困難です。

ましてやデジタル社会のいま、日本人の話す分速400文字〜600文字程度の速度では学習において周りと差をつけることは簡単ではありません。

デジタル音声で学べる環境が整っている現在だからこそ、改めてより速く、効率的に知識を吸収する必要があります。

相手の話すスピードについていけない

音声がうまく聞き取れない問題で多いのは、「相手の話すスピードについていけないこと」が挙げられます。

理解力は申し分ないが、単純に相手の話すスピードが速くて追いつけないという問題です。

もしくは理解力は勉強してそこそこあるけど、もう少しゆっくり話してくれれば理解できるといった状況です。

小学生の場合は先生の話す速度、社会人なら先輩や上司が話す速度で起こり得ます。

理解力を保ちながら速く聞けるようになるだけで、このような問題は解決できるのです。

学習効率を上げる手段として使う

今やYouTube動画、オンラインでの映像・音声学習でも倍速再生ができる時代です。

素早く情報を得るための技術環境は整っていても受け手である人がついていけないのでは恩恵に与ることができず全く意味がありません。

音声を聞くための能力を上げることはこれからの情報社会を生き抜く上でも必須の能力になってきています。

単純に聞く速度が倍になるだけでも、同じ時間で2回繰り返し再生することが可能になり、かつ記憶力に自信のない方は2回繰り返すことでより暗記に役立てることができるのです。

少しの努力で2倍の音声が聞き取れるようになれば、聞くことを通じた学習効率が上がり今後の成長は加速していきます。

速く聞くトレーニングは脳の処理速度向上になる

音声情報をいままでより2倍、3倍、4倍、、、8倍以上と聞き取れるようになるだけで脳のトレーニングにもなります。

音声も情報信号の1つであり、音の間隔を持つ情報の連続してできたものです。脳の出先器官である耳からの信号の伝達間隔を短い状況で理解できることはいままでよりも処理速度が向上したことを意味します。

例えば一分間に500の信号を理解できる人と1500もの情報を処理できる人では、処理スピードの観点からすると明らかに後者が優秀に見えます。

速聴トレーニングではこの音の間隔をより短い間隔で理解できる脳の処理速度をトレーニングしていくことになります。

効果は継続してこそ得られる

こうした人の音声理解の処理能力を上げていくためには速聴トレーニングが最適です。

もちろん元々理解できない単語や意味合いは学習して覚える必要がありますが、覚えてしまえばいつでも速聴トレーニングで向上させた能力で理解できます。

しかしトレーニングで記憶した速度感覚は定着するまで繰り返さない限り、普段からいつでも使える能力として発揮することはできません。

ですから無理なくトレーニングを継続して、一生モノのスキルとしてうまくみにつけていきましょう。

速読と速聴はセットで行う

目からの情報処理能力を向上させていくには、「速読」が有効であるように、耳(聴覚)からの情報処理は「速聴」トレーニングで能力を上げていきます。

理想的なのは2つを1セットでできるような仕組みを用意している講座を利用することです。

スタート前の準備に時間がかかってしまっていては元も子もありませんので、なるべく2つが同じ環境で出来る講座をお勧めします。
SOKUNOUでは「速読・速聴」が短時間で簡単にできるシステムをご用意していますので、まずは無料体験から効果を感じてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは

  2. 速読トレーニングで不安にならないために

  3. 試験対策で速読術を使う方法