試験や勉強に役立つ速読アプリの選び方

速読アプリの選び方

<目次>
・速読アプリやトレーニング内容にも種類がある
・自己流で利用するアプリでは効果を得られないのか
・自分にあった速読アプリケーションの選び方とは
・速読能力はトレーニングは継続することで効果を発揮する
・速読アプリはソクノーがおすすめ
・まずは無料体験からスタートしよう

試験勉強や社会人学習で効率良く知識を身につけて実践で力を発揮したいと感じて速読トレーニングに興味をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

速読トレーニングと言ってもテクニック論を中心に指導する速読法から目と脳をトレーニングすることで情報処理速度そのものを向上させる方法など様々です。

速読アプリに関してもアプリケーションを通じてキーワードを拾った飛ばし読みのようなやり方や広い範囲を写真や映像のように把握するようなやり方など千差万別な状態です。

資格試験や学習を進める上で速読能力向上の特徴を踏まえてアプリを選ぶことで効果的に能力を伸ばしていくことができます。

この記事では速読トレーニング手法やアプリの学習環境を踏まえ自身に適した学習環境を判断できるような情報をお伝えします。

速読アプリやトレーニング内容にも種類がある

速読アプリと言っても全てが同じ内容であるとは限りません。既にお伝えしたように名称は同じでも学習内容や環境形態が異なります。

例えば「無料!MY速読トレーニング」という名前のアプリがあったとします。

実際に利用してみたところ、トレーニングはそこそこ揃っているが自分でトレーニングを選ばなければならず、かつトレーニングの意味合いもどの程度やれば良いか加減も良くわからない。

このような学習環境では訓練効果を得ることが難しくなります。そもそもアプリケーションの作成者自身が他の製品の見た目を模倣しているだけで、各訓練の意味を理解していないことがあります。アプリを作ってはみたものの使い方はユーザー自身で学んでくださいという立ち位置です。

速読アプリの大半はサポートを受け付けていないのも自己学習で挫折する要因です。

自分の判断で選択する形式の速読トレーニングは、利用者自身で全体の学習構造や意味合いを理解できていれば自由に訓練項目をコントロールできるメリットがあります。

ですが実際はこれから初めて速読をトレーニングされる方で学習の全体像を理解できている方は多くありません。

自己流で利用するアプリでは効果を得られないのか

自己流の速読トレーニングでは正しい効果を得られていないケースも多々あります。

この場合の対応としては2つの方法があります。

 (1)体系的なプログラムを用意している速読講座に受講する
 (2)運営元が用意しているオートティックなプログラムを進める

などが挙げられます。自己流で時間をかけたにも関わらず途中で挫折してしまうより、多少費用をかけて専門プログラムを受けた方が結果的にうまくいく可能性が高いです。
体系化されている速読プログラムはゴールまでの近道となり費用対効果も高いためすぐに元が取れます。

自分にあった速読アプリケーションの選び方とは

自身にとって最も効果的に速読を習得するためのアプリの選び方は、

  「訓練を継続する学習環境の構築」また、
  「それは本当に現実的に実現可能な環境なのか」

を踏まえた選択をすることです。

速読トレーニングと言ってもスマートフォンからiPadのようなタブレット端末、パソコン画面で行うなど受講環境や形式は多岐に渡ります。

普段の生活で自然と利用する同線上の利用形態が望ましいです。例えばスマートフォン、タブレットによる利用です。パソコンでの利用もおすすめですが所有していない方もいることを考えるとモバイル端末での利用が最も続けやすい環境だと言えます。

速読能力はトレーニングは継続することで効果を発揮する

速読能力は飛ばし読みやキーワードを拾って読む方法などのテクニック論を除き、継続することで自然と能力を発揮できるようになります。

スポーツジムでの筋トレと同じように何度も繰り返し行うことで長期的に使える本当の速読能力を身につけることができるようになります。

そのためには短い時間でも良いので反復学習する必要があります。
最初は毎日数分間だけ継続するというようなイメージです。

無意識に繰り返し行う反復行為はそれ自体が脳に対して「忘れてはいけない情報」として長期記憶に繋がっていきます。通学、通勤、帰宅など意識せずとも繰り返し行う動作や行為は反射が身につき自然と再現ができるようになります。球技スポーツにおける素振り、シュート練習と同じです。

速読アプリはソクノーがおすすめ

速読のトレーニング過程において飛ばし読みや斜め読みのようなテクニック論をはじめ、脳の情報処理能力を高速化するトレーニングなどその種類は多岐に渡ります。

ソクノー速読では後者の方法を採用して「情報を捉える目や視覚機能の向上」と「脳トレーニングによる文字や映像情報の認識スピード」を高速化する方法で理解力を低下させずに文章を速く読むことができるようになります。

トレーニングの環境では、スマートフォン、タブレット、パソコンに対応しており利用される方が最も使いやすい方法で受講をスタートできます。

 ・国内唯一、速読訓練の方法論で特許を取得
 ・45年以上国内外で実績がある
 ・年齢に関係なく誰でも習得できる体系化された訓練プログラム
 ・3分間または7分間の完全オート訓練
 ・120種類以上の訓練と測定指標
 ・最新の脳トレプログラムを随時追加

など他にも多くの機能があり、自分で選択するものと完全オートのプログラムを提供しています。速読アプリを選択するならこういった特徴のあるソクノー速読がおすすめです。

まずは無料体験からスタートしよう

速読アプリの利用にあたってまずは無料体験からスタートできます。
メールアドレスを入力するだけで自分専用のアカウントが発行されます。

ソクノー速読だけでなく、記憶力強化の専用アプリ、40,000語を高速暗記できる特許取得の高速暗記アプリなど目的に合わせて利用できます。

まずは無料体験から速読アプリケーションを使ってみてはいかがでしょうか。
実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 英単語を高速で暗記する方法

    英単語の暗記を高速化する方法

  2. 速読で成績アップ

    速読で勉強・学業成績をアップさせる方法

  3. 記憶術・暗記術を効果的に使った覚え方

    記憶術、暗記術を効果的に使った覚え方

  4. 脳トレ効果を高める記憶力トレーニング

    脳トレ効果を上げる記憶力トレーニングとは

  5. 試験の長文対策に必要な速読能力とは

    試験の長文対策に必要な速読能力とは

  6. 速聴トレーニングの効果とは

    速聴トレーニングの効果とは