速読=デキる人のイメージは間違いではない

デキる人は何でも早い

周りのリーダーを見渡してみると仕事、勉強の効率が良くテキパキと段取り用こなすイメージがあるのではないでしょうか?物事を速くこなす事にスマートなイメージを持つ人もいると思います。

人の何倍も速く物事をこなせる人は総じて成長が速いことも事実であり、いかに多くの経験を積むかが成長を決めると言っても過言ではありません。

いま自分が持っていない知識を外部から早く取り入れて、その知識を使い経験値を上げるかによって今後の成長に貢献するかは想像に難しくないと思います。

それは読む事を通じて得る情報にも同じことが言えるのです。

この記事では本、ネット、論文、経済情報誌、その他雑誌などで得た必要知識でトライアンドエラーを繰り返し、成長を加速するために必要な速読術についてご紹介したいと思います。

知り得た情報以外で何かを生むことはない

仕事でも勉強でも何か自分のオリジナルを生み出そうとする場合にどんな情報が必要なのでしょうか。

人は過去に知り得た情報以外を使うことはできません。

すなわち過去にどのような情報、知識、経験を持っているかでその人の価値が決まってきます。

だからこそ有能な経営者やリーダー達は学ぶことをやめず常に自分の価値を最大限発揮するための知識を本や経験から学び続けています。

初めから多大な知識を持っている人など存在せず、必ず自ら関心分野について情報を得る努力を欠かしません。

人並み以上に努力をするからこそ、他には出せない価値を創出でき、社会貢献を実現することができます。

しかし何かを学ぶ事は時間を要します。例えば書籍から先人の知識を得るにあたり「読む時間」は必ず必要とされます。

この読む時間はに関しては単純に今の2倍、3倍になるだけでも今後の成長や仕事の成果に直結する影響があります。

いかに情報取り入れる時間を増やすか

有益な情報は自分から行動しないかぎりは得る事は出来ません。

ある程度の経験を積んでいる人であれば、直感や経験則で学ぶ情報を取捨選択できますが、大抵の方はその境地に行き着くまでは遠回りしながら必要な情報に行き着きます。

このような遠回りを繰り返した結果、その過程で得るものもあります。

しかしながら時間には限りがあるため、素早く必要な知識にたどり着けるに越した事はありません。

読むスピードが速くなる事で人の何倍も経験が得られる

行動に伴って必要となる知識の獲得には速読法が適しています。当たり前のことですが、理解の伴わない読書は速読とは言いません。

日常的な読む速さを2倍、3倍、4倍と実用的なレベルに上げていく事、実はそれほど難しい事ではありません。

速読に必要なのは今までよりも速く情報を認識するための「目と脳」を継続的にトレーニングしていくだけです。

既に数万人以上が実証しているものであれば、大きな不安を感じる必要もありません。

速読が身につくことで、通常の読む速度(分速400文字から600文字程度)で得られた知識で行動する人に比べ圧倒的に思考も行動範囲が広がります。

デキる人は継続した積み重ねで他人と差を広げている

速読を自分のモノにできる人は決まって継続することへの意識が高いです。何でも一定の水準に達するまで繰り返し学び続けます。

例えば、新たな分野の知識を得るために、その分野業種に関連した書籍を10冊は読むと決めて実行しています。

1日数十分は読むと決めて、その上で日々の習慣に取り込む工夫をしているのです。

これは速読トレーニングを行う上でも当てはまります。

文字に対する反射的な能力を得るためには、脳をその環境に順応(慣れ)させて、いつでも使えるレベルに定着させる必要があります。

ここでも継続的な繰り返しトレーニングで速読を自然と発揮できる、本物の能力として定着させているのです。

1日に学ぶことに確保できる時間が限られている

速読を身につけるにはトレーニングを続ければ良い事はわかったけど、どのくらいの時間が必要なのかと疑問を持つのではないでしょうか?

速読を学ぶ際、通常の通学スタイルであれば1回1時間で十分です。講師への質問や指導時間を差し引くと、実質的なトレーニングは30分ほどです。

多忙でなかなか受講に踏み切れないという方の場合はオンラインで速読トレーニングをする方法もあります。

通学でもネットを使ったオンライン受講でも自分に合った速読トレーニングを選んでみてください。

デキる人は忙しい時こそ速読をみにつけて能力を最大限発揮するための努力を惜しみません。

あなたも速読力を向上させてデキる人を目指してみませんか。

関連記事

  1. 知的な人になるための第一歩

  2. 資料や契約書を効率的に読むために

  3. 速読トレーニングに必要な時間

  4. 誰でもできる速読のコツ

  5. 速読を始めるために必要なこと

  6. 速読ができない人とできる人の違い