速読は難しい?世界一簡単なトレーニング方法をご紹介

速読と聞くと難しい訓練を想像する方もいるのではないでしょうか?
自分の読書スピードが上がるなんて信じられないと未だに半信半疑の方もいらっしゃいます。実は速読トレーニングには長い歴史があり、現在ではオンラインで簡単に体験できたりスマートフォンやタブレットでも行える時代です。

実際行うのはスポーツと同じで繰り返しの反復訓練がメインとなることが多いため、楽しく続けるためにゲームを取り入れたり様々な工夫がこなされています。

また、長年運営している教室や実績あるソフトウェアを開発している団体は体系化されたプログラムを提供しているため、小学生からでも簡単にスタートできるものとなっているのが現状です。

速読を学んで本をたくさん読みたい、仕事に役立てたい、受験・試験に活用したいと考えている方も多くいると思いますが、無料で体験できるものも多く存在するのでまずは試してみて自分に合った速読プログラムを学習してみてはいかがでしょうか。

速読をみにつけたいけど難しいだろうと感じている方は、どのようなトレーニング方法があるかを知ることから始めてみましょう。

速読トレーニングとはどんなもの?

速読と聞くと高速で本をめくったり、目をパチパチさせているようなイメージを持っている方もいるようです。

現在も本を使ったトレーニングは存在していますが、本を用いた訓練は自分の指の感覚を使ったりと少し難易度が上がる中級者~上級者向けと言えます。

例えば、速度変化を伴った訓練の場合、1分間に1万文字の速さでページをめくる速度を正確に再現できないと効果的なトレーニングは行えません。

この感覚を身につけるために何度も指でページを弾くといったトレーニングを繰り返したりします。

本を利用したトレーニングの場合はこの感覚を鍛える訓練などがあるため、初心者には少し難しく感じてしまいます。

しかし現在はパソコンやスマートフォンを利用した簡単にできる方法もあります。

これは予め効果的な速読トレーニングがプログラムされた内容が画面に表示され、その内容を見ているだけで速読の能力を強化していくという方法です。

これから始めようと思っている方はこういった画面に表示されたプログラムを眺めることで情報処理能力を向上させていく方法が向いています。

長年取り組みを行っている速読教室や団体のプログラムでは、既に多くの方が効果を実証されている内容のため、安心して取り組むことができます。

簡単だけど能力の定着には継続が大事

どのようなトレーニングでも定着にはやはり継続が大事です。人間は覚えたての情報を反復学習しなければ、脳が忘れる状態を作っています。覚えておくべきでない情報は忘れるという特性があります。重要な情報程繰り返し見たり、聞いたりと刺激を受けるため、より強い信号となり記憶に定着します。

速読も同じ理解力を保ったまま高速で情報処理する能力は反復学習をしなければ、徐々に忘却してしまいます。

時間をかけて学んだ速読能力が忘却されてしまっては意味がありません。

とは言っても人間単調な訓練を繰り返すと飽きがきてしまいますので工夫が必要です。

速読は楽しくないと続かない

速読の能力定着には繰り返しが必要だとお伝えしましたが、継続するにはある程度の刺激が必要です。例えば、「楽しい」「驚き」「達成感」といった感情を満たす工夫です。

特に小学生のようにまだ集中力が長く保てない方が行う場合はゲーム、クイズ、ランキング形式でのやる気を引き出す仕掛けも重要な要素です。

楽しさを感じられる工夫が加わることで速読トレーニングも継続しやすくなり、効果も十分に得られるようになります。

脳トレ効果を得たい方にもおすすめです。

世界一簡単な速読トレーニング方法

速読をみにつける上で挫折してしまう最初のハードルが継続できるかにかかっていますが、簡単にできる方法として「画面を眺めているだけ」で習得できる方法もあります。

画面を眺めているだけで本当に身につくのか不安と感じることもあるかもしれませんが、そこにはきちんとした理論や体系化された方法で行うので安心してください。

世界一簡単な速読トレーニングは「短時間」でできて、「画面を眺める」ことでみにつく方法です。もちろん意識するべき点は画面に表示され不安なく行えます。

書籍やインターネットで調べての実践では、自分の解釈に間違いがあると正しく効果が得られません。時間と労力を無駄にする可能性があります。

画面を眺めているだけであれば、既に構成されたトレーニングに従って行うだけなので非常に簡単です。

簡単で誰にでもできる速読法ならソクノー速読

国内外で40年以上の実績ある速読を学ぶならジョイント式速読(川村式速読法)がおすすめです。
ソクノー速読というサービスであれば、ジョイント式速読法の技術を取り入れた訓練システムを提供しており、1日7分間でカンタンに速読を習得できます。

記憶力の強化や暗記を補助できるシステムも使えますので、無料体験から利用されてみてはいかがでしょうか?

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 速読のうそを見破る方法

  2. 脳の処理速度を上げるトレーニング

  3. 速読=デキる人のイメージは間違いではない

  4. 失敗しない速読セミナーの選び方

  5. 視読(ブロック読み)とは

  6. 社会人の速読トレーニング