リスキリング学習に速読能力を役立てる効果的な方法

リスキリング効果を最大化する速読能力の使い方

リスキリング(学び直し)でデジタルスキルや新たな技能習得をする必要性が高まっています。これからリスキングの機会を得る方は、この学び直しへの挫折する不安をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

この記事ではリスキリングを行なっていく際の手助けとなる学習の効率化や効果的な方法について解説していきます。
大人の学び直しには情報処理能力の向上、つまり理解力を落とさない速読能力を養うことで、情報を迅速に消化し理解できるためリスキリングに効果を期待できます。

速読能力がリスキリングに役立つ理由は、情報処理速度が向上し、反復学習でき記憶にも定着が早くなり効率的な学習が可能となるためです。

では具体的にはどのような課題や効果があるのかをこの記事で説明したいと思います。

<目次>
⚫︎学び直しに効果的な速読能力とは?
⚫︎リスキリングとは?
⚫︎速読能力がリスキリングに役立つ理由
⚫︎速読能力を身につける方法
⚫︎リスキリングに苦戦する人へのアドバイス
⚫︎速読能力を養う効果的な方法とは

学び直しに効果的な速読能力とは?

速読能力とは、文字や文章を読む際の理解までのプロセスが短くなることで、短時間で多くの情報を読みことができるようになる力のことです。この情報処理スキルを身につけることで、通常よりもはるかに効率的に情報を処理でき、学習時間を短縮することが可能です。速読についてよく言われる間違いとして、速く読むと理解力が落ちることが挙げられます。

・速読能力=今までよりも速く情報を処理するための目と脳の処理速度の向上
・一般的な「速読(する)」=文字と脳の認識速度が追いついておらず、飛ばし読みや斜め読みになっている状態

今回の記事の「速読」という言葉の意味については前者を速読能力として定義しており、飛ばし読みや斜め読みをするのではないことを理解いただければと思います。
その上でリスキングに役立つ速読能力の使い方についてお伝えしていきます。

リスキリングとは?

リスキリングとは、従来持っていたスキルや知識を新たなものに置き換え、習得するプロセスと言われます。

現代社会において急速に変化するデジタル技術や業界環境に適応し、個人や企業が競争力を維持・向上させるために必要なスキルを習得することにあります。

リスキリングにより人々は新たな職種や役割に適応し、変化する市場や技術のニーズに対応できるようになることが期待されます。

簡単に言えば、これからの時代に必要とされる新たな技術を学び直すことです。

速読能力がリスキリングに役立つ理由

速読能力がリスキリングに役立てられる本質は「時間の短縮」と「効果的な記憶定着」にあります。

学習で例えるなら、今までと同じ時間で学ぶことができる量が2倍〜5倍以上になったり、同じ時間で何度も反復学習が可能となるため記憶の定着にも効果的です。

学習を始める際には読む、聞くことは絶対的に必要であり、地味に聞こえますが単純に読む速度が速くなれば学習に高い効果を期待できます。
ですからリスキリングの前に速読能力を養っておくことで仕事と同時並行で行う学習も捗ります。

次に速読能力がもたらすメリットを挙げてみます。

時間の節約

一般的な読書速度は分速400文字〜600文字程度です。一般的な読書速度よりも高い速読能力(脳の処理能力)を持っていると、学習に要する時間が大幅に短縮されます。

これにより、新しいスキルを習得する際のストレスが軽減され、効率的にリスキリング学習に繋がります。

情報処理能力の向上

脳の処理能力を向上させることを主体とした速読トレーニングを行うことで、読むスピードだけでなく情報処理能力も向上します。

これにより、短時間で多くの情報を吸収し、新しい知識を習得することが可能になります。また様々な情報への感度や取捨選択も可能となり効率的な情報検索と取得が可能となります。

自己学習の意欲促進

速読能力を持っていることで、自分で効率的に情報を得ることができるため、自己学習が容易になります。
ストレスの軽減に繋がるだけではなく、学び直しへの意欲向上に直結します。これはリスキリングにおいて非常に重要な要素です。

速読能力を身につける方法

速読能力を身につける方法は複数ありますが代表的なものは以下のような方法があります。

脳の処理能力を上げる練習

速読の技術を習得するためには、継続的な練習が必要です。実績があり体系化された速読プログラムを選ぶ必要があります。その上で、毎日少しずつでも練習を継続することで、徐々に速読能力が向上していきます。

短時間でコツを掴める通学での集中講座などもありますが、継続することが速読能力の向上、長期の記憶への定着に効果的です。

また継続することで意識しなくても反射的に速く文字や文章を認識することが自然とできるようになります。

速読教室(東京・新宿)に通学受講をお考えの方はこちら↓

リラックスした状態で臨むこと

速読は新たな文字や文章の見方を覚えてから再現して使うことを繰り返すことで新たな読書回路が形成され、自然と速く読める状態を目指します。

新たな能力を身につける際には、まずはフラットな状態で情報を受け入れることが重要です。特に集中力を要する必要もありません。

新しいことを学ぶ前に一度、固定概念や学ぶ前に予測していた前提をクリアな状態で臨みましょう。

リラックスした状態で臨むためには適度な休憩を入れながら気軽に取り組むことが効果的です。

目の動きの改善

速読トレーニングの初期段階では文章に対して目の動きも影響が出てきます。最初から大量の文章を読もうとせずに、まずは今できる音読(おんどく)のように慣れ親しんだ読み方から情報処理能力を向上していきます。

効率的な目の動きを身につけることで、文章へのストレス軽減、目の疲れの軽減、読書速度の向上が実現できます。

これにはパソコンでの自動的な眼筋力訓練に加えて、指やペンを使って目を大きく動かし目の周りの6つの筋力(外直筋)を向上させることが速読の練習に役立ちます。

視読(しどく)で複数文字の単位でまとめて読む

音読での読書速度を向上させた左脳読みの速読能力が向上してきたら、次に右脳読みである「視読(しどく)」で文章を視て読むやり方を覚えます。

最初はどうしても頭の中で音を出して読んでしまう「音読のクセ」が抜けない場合が多いのですが、ちょっとした工夫で視読のコツを掴むことができます。

文字をまとめて見ることができるようになると、文章が目に飛び込んでくる感覚が得られるようになります。

この視読は何度も繰り返すことで誰でもできるようになります。

従来の音読のように一文字ずつ読む直列処理に比べて、まとめて読む並列処理で文章を認識していくため効果的です。

味わって読むような趣味としての読書(例えば小説)にはあまり適していませんが、学習や業務上必要とされる内容の正確な理解や速さを重要視するのであれば、最適な方法です。

リスキリングに苦戦する人へのアドバイス

リスキリングに苦戦するのではと感じている方のために、以下のような心構えも事前に準備しておくと良いでしょう。

目標設定

リスキリングの際には、具体的な学習目標を設定しましょう。

例えば資格取得までをゴールとする、次回の試験日程までに必要な学習量や時間を算出するなど、目標が明確になれば、効率的に学習するためのプランを立てることができます。

積極的な学び

リスキリングでは、自分から積極的に学ぶ姿勢が大切です。習得を目指すスキルにどのような価値があり、会社への貢献具合や自分自身のキャリアアップイメージなどを想像してから取り組むと前向きに取り組みをスタートできます。

また新しいスキルや知識を楽しんで学ぶことは興味・関心の刺激が加わり記憶への定着も早くなるため高い学習効果が期待できます。

仲間との協力

リスキリングに取り組む際には、同じ目標を持つ仲間と協力し合うことが効果的です。

お互いに刺激を与え合いながら、励まし合うことで学習意欲や異なる観点でも学びを得ることができるようになります。

速読能力の習得

高い速読能力を身につけることで学び直しの効率が良くなります。

一般的な読書速度に比べて2倍以上になることで、どのような効果が得られるかイメージしてみましょう。

情報処理能力の向上はリスキリングだけに限らず、今後の仕事でも大きな成果を得ることができます。

業務で正確に早く文章を読むことで仕事のパフォーマンス向上になり時間コスト削減、時間創出による付加価値の高い仕事への割り当て、営業・企画のアイデア創出など多くのメリットを得ることが期待できます。

リスキリングをはじめとした効率的な情報処理能力の向上訓練として、速読訓練を取り入れてみることがお勧めです。

速読能力を身につけ、リスキリングを効果的に進めることで、新たなスキルを数倍速く習得することができます。自分に合った学習法を見つけ、リスキリングのプロセスを楽しむことが大切です。

速読能力を養う効果的なトレーニング方法とは

日常の忙しさに負けずにリスキリングによる学び直しのスキル習得を成功させるために、速読トレーニングによる情報処理能力の向上が重要だと理解いただけたのではないでしょうか。
では実際にはどのように速読の力を身につけていけば良いのでしょうか。

書籍やオンライン講座など様々な形式の速読トレーニング方が存在しますが、おすすめは速脳速読(川村式ジョイント速読)です。国内外で最も実績があり利用者の9割以上が能力向上を実感しています。学習形式は書籍、通学、オンライン対面、オンライン自己学習プログラムでサービスを利用いただけます。

中でも1日7分間という短時間で気軽にトレーニングが行えるSOKUNOU(ソクノー速読)をお勧めしています。

客観的な読書速度の数字変化や実感を得られるグラフなどで効果を確かめることができますので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか。
サポートは経験豊富な速読講師が担当していますので、訓練中に不安を感じた場合はいつでも相談できます。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 速読は難しい?世界一簡単なトレーニング方法

    速読は難しい?世界一簡単なトレーニング方法をご紹介

  2. 速読を始める前に確認するべきポイント

    速読を始めるために必要なこと

  3. 英語学習速読

    英語学習を効率化する方法

  4. 眼筋力トレーニング

    速読に必要な眼筋力トレーニングとは

  5. 車の運転で疲れる人

    車の運転疲れは速読の脳トレで解決

  6. 仕事に役立つ読解力・理解力向上のための速読勉強法2

    仕事で役立つ読解力・理解力向上の速読勉強法