テレワークの生産性向上を妨げる読む速度の影響

長引くコロナ禍でオンラインでのテレワーク勤務が主流に成りつつある企業も多くなっていますが、自宅勤務だからこそ発生しうる仕事の生産性低下の問題に悩みをお持ちの方も少なくないようです。

既にテレワークも定着し家庭内で発生する問題(生活音が気になって集中できない)は解決できている方もいれば、自身の能力に依存した生産性の低下にも気づく方がいらっしゃいます。

自宅の部屋に篭りながら仕事をこなす中で気づかれる方が多い問題は、メールや資料などの文書を「読む時間」に意外と時間を使っているという点です。

文書を読むのが速い方はあまり意識することはないのですが、遅い方になると集中力の低下、目の疲れが生じてしまい結果的に仕事にもミスが出やすくなる傾向も見られます。

一般的な方の読む速度とは?

一般的な社会人の読む速度は1分間に400文字から600文字程度と言われており、実際に音読で文章を読んで見てもと大体がこの枠の中に収まります。

文書を読むのが得意(速い)人でも1分間に1000文字から1500文字程度に当てはまります。

速い方(分速1500文字)を基準に、一般の方と比較した場合、既に3倍もの差があることがわかると思います。この記事でお伝えする生産性の向上においては速い方との比較は重要ではありませんが、参考として知っておいて損はないかと思います。

読むことに費やす時間がもたらす仕事への影響

テレワーク勤務の方の多くはホワイトカラーで、いわゆる知的労働が大半の時間を占めていると思います。決められた時間内で多くの成果を上げるためにやるべきことは大量にあるにも関わらず、中々成果を上げるために時間を捻出できない。

本来やるべき仕事以外に時間を費やしてしまうほど、成果にたどり着く時間は遅くなり生産性は落ちていってしまいます。

仮に今の「読む時間」を2分の1に短縮できれば、どの程度の生産性向上が見込めそうでしょうか。

今まで時間があったら実現したいと考えていた構想を練ったり、仕組みを考える時間に費やせるようになり大きな成果に繋がるきっかけになるかもしれません。

では読む時間が短縮されることによる効果はどのくらいあるのでしょうか。

読む速度が2倍になるとどの程度の生産価値を得られるか

仮にあなたが自宅勤務中にメール、資料などの文書を理解するための「読む」時間が1日4時間だとした場合、読む速度が2倍になれば2時間でこなすことが可能となります。4倍になれば1時間で完了できる訳ですが、捻出できた3時間を使いどのような仕事の成果に繋げられそうでしょうか?

仕事のアウトプットに必要な調査に時間をかけたり、より質の高い資料や成果物に仕上げることもできます。

日常的なメール、資料などのような結論を理解できればよい文書の場合、早く内容を理解できるだけで大きな時間と価値を生み出すことができるのです。

本来4時間の「読む」時間を1時間に短縮することなど可能なのか?と感じた方もいると思います。

結論を言えば、誰でも情報処理向上トレーニングを行うことで早ければ数週間で定着、遅くとも数ヶ月あれば身につけることができます。

テレワークの生産性を向上させる速読トレーニング

テレワークではパソコン画面上の活字を見ている時間がほとんどを占めていると思いますが、文書を読むだけでなくあらゆる活字の認識に使えるのが速読トレーニングと呼ばれる脳の処理速度トレーニングです。

理解力は変わらずに読む速度を上げていく速読訓練です。このトレーニングはジョイント式速読法(川村式速読)をベースに開発されたSOKUNOU(速脳)システムを利用することで1日7分間で脳の処理速度トレーニングを実践できます。プログラムは体系化されているためボタン1つで簡単にトレーニングを行えます。

オンラインで無料体験もできるので、気軽にお試しいただけます。

実績No.1ソクノー速読


関連記事

  1. 読む速さが倍になると価値はどのくらい?

  2. 勉強(学習)の効率化に必要な基礎能力とは

  3. 知的な人になるための第一歩