ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(4月)

<SOKUNOU 最新アップデート情報>

●2017年4月6日

1つ目は新機能・識幅測定を追加しました。一度に捉えれる視幅内での単語認識数を計測しながら周辺視野能力を把握することができます。文章を固まり(視読)で捉えるために必要な周辺視野の一能力である識幅能力を正確に測ることが可能になりました。

2つ目は文章コンテンツを追加しました。速読能力を向上するために必要な訓練最適化、理解力測定、初めて読む文章での測定などの文章コンテンツを追加しました。測定に追加した文章は新日本速読研究会、川村速脳開発協会による能力開発関連の書籍や監修した著作物となっており、速読や速脳トレーニングの正しい概念やトレーニングを学ぶこともできます。

3つ目は速読能力を飛躍的に高めるための視読(文章を固まりで認識する能力)の測定パターンを追加しました。従来の測定パターンに加えて、段階的に視読能力が習得できているかを多面的に確認するためのプログラムです。本当に理解して読めているのか、文章を広範囲で認識できているのかを客観的に測定して今の実力を把握できます。これによりソクノー速読のトレーニング効果が着実にみについているというご自身の成長や自信につながります。

 

●2017年4月13日

今回のアップデートは大きく4点実施しました。1点目は新トレーニングの追加です。「縦形式の文字トレーニング」を追加したことで、横文字以外での文章処理能力を向上させることが期待できます。

2点目は文章コンテンツの追加です。速読トレーニングを行いながら、正しい速脳理論による速読効果の概念を学習できるようになりました。従来の文章パターンに大幅なコンテンツ追加を行い、理論を通じて納得しながら効果を期待できます。科学的に情報処理能力を向上させる理論を学ぶことで納得感が増しモチベーション高く望むことができるようになります。

3点目は仕様変更を行いました。今までは当日のトレーニングがリフレッシュ(翌日分のトレーニングが実施できるタイミング)時間が0時に設定されていましたが、会員さまの利用時間を考慮し翌日未明にリフレッシュされる仕様に変更しました。これにより、0時直前に速読トレーニングを実施しても翌日のトレーニングに影響なく行えるようになりました。

4点目は情報処理能力の持続力(パフォーマンス継続力)の測定機能を実装しました。トレーニングによる一時的な効果だけでなく、継続的な力としてどの程度の能力が発揮できているかを数値測定することが可能になりました。

 

●2017年4月20日

今回のアップデートでは2点の機能を新たに追加しました。1点目は「定期アンケート機能」です。現在サービスを利用されている会員さまの満足度調査やご要望などをヒアリングすることでサービス改善の参考とさせていただきます。

2点目は新トレーニング「感覚記憶トレーニング(マニュアル版)」の追加です。目標の情報処理速度の感覚を覚えながら、実践で再現する能力を身につけていくことができます。

 

●2017年4月27日

今回は2つのアップデートを実施しました。1つ目は速脳速聴トレーニングの最適化です。各個人の聴覚認識能力を測定したうえで、効果を最大化するための最適な負荷を与えてトレーニングができるようになりました。トレーニングは1回数十秒~1分程度となり、私生活が多忙であっても負担になりにくい設計になっています。

2つ目は速読トレーニング時の操作時間の短縮を行いました。マウス移動による余分な動きを短縮したことで毎日の速読トレーニングがストレスなく実施できるような工夫がされています。この仕様変更によって、負担を軽減して短時間で効率的に速読訓練を行うことが可能になりました。

※選択形式によるボタン選択には適応されておりません。選択ボタンに関しては今後さらにストレスフリーな操作を行っていただけるような機能改善を行う予定です

関連記事

  1. ソクノー株式会社ホームページ開設

  2. ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(2018年4月)

  3. ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(12月)

  4. ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(6月)

  5. ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(1月・2月)

  6. ソクノー速読・バージョンアップのお知らせ(5月)